母方祖母の13回忌

今日もまた暑い一日でした。今日は私が法事で、ママが結婚式の日曜日でした。新宿のお寺でお昼から法要。本堂で20分の読経と御焼香、墓前で10分の読経で終了し、お寺で昼を食べて3時頃に解散。子供まで含めて、40人くらいが集まったでしょうか。祖母の子供が五人、孫が12人、ひ孫が現在20人くらい、かなりの出席率でしょうが、やはり若い世代ほど少子化で、今後この規模の法要は祖母以降の人ではないでしょう。私の13回忌にいったい何人の人が集まるのか。いとこと会うのも結婚式か葬式か今日のような法事かそのぐらいです。近い人は、年始の挨拶で会うときもありますが、それ以外は殆ど会いませんから。でも、明治42年生(1909)まれの一人の女性から、約一世紀後に40人近くの人間が生きていることをおもうと、何か不思議な感じです。血のつながり云々という類の話はあまり好きではないのですが、不思議な縁というものはあるのでしょうね。

d0004574_2304847.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-06-26 23:01 | 家族点描