献血しようとしたら・・・

 午前中に雑用を済まして、ちょっと時間の出来たお昼に携帯を機種変更とました。movaからfomaへと。テレビ電話の必要はないのですが、パケット代も通話料もfomaの方がお得ということでfomaにしてみたら、慣れないせいか使いづらいですね。手続きをしている間に、献血をお願いする人が声をからして呼びかけているので、ここは人肌脱ぐかと献血ルームへと。とところがです。問診をする老医が、問診をして、問題ないとですといいながらも、最後に血圧を測るとき、三週間前に自転車でこけた右肘をみて、まだこの傷は完治していないですね。残念ながら、この傷が完治したら献血をお願いしますと言われました。瘡蓋ができかかって、痛みもないのに、こんなんで献血できないとは・・・・。何かいいことしようとおもったのに急にトーンダウンしてしまいました。10年前に韓国から帰国したときにも、外国から帰ってきて4週間以内はだけだといわれたこともあり、採血する基準というのは万国共通なのだろうかと、トーンダウンしたあとちょっと腹立たしくなってきました。
[PR]

by the-third-blog | 2005-10-14 23:08 | エンドレスな日常