うれしい知らせが・・・

この八月からメガネをかけ始めた一等兵ですが、以前にも書いたとおり近眼ではなく、眼球自体が育っていないというもので、視力を引き出すトレーニングの一環としてメガネをかけています。片方の目は正常で1.2のしりょくがあるため、それでカバーして小学校での検眼まで気付かなかったのです。八月はメガネをかけるのに慣れないこともあり、かけたりかけなかったり。おまけに、一日一時間ぐらいは見えるほうの目を隠して、見えないほうの目で見る練習をしなさいとのこと。いい加減な親なので、メガネをかけていればいいよとしか言わず、なんとか九月にはメガネをかけることには抵抗がなくなったのですが、やはり小学校が始まると、彼女がこれまでメガネをしていなかったためか、ワンパク坊主ずからかい学校ではかけたりかけなかったり。ただ、先生や一部の友達のフォローでかろうじてメガネをかけ続ける生活が板についてきました。九月初めには検診にいかなければならなかったのに、週末しか時間がさけない我が家なのに、この九月は忘れてしまったり十月は行事続きの週末でいけませんでした。しかし、この月曜日に上京していた母方祖母にお願いして眼科にいってもらうと、なんと彼女の左は0.5の視力をもつようになっていました。まだメガネのお世話にならなくてはなりませんが、視力が出てきたという知らせにとびあがって喜んだ両親に、びっくりしていた一等兵と二等兵でした。
[PR]

by the-third-blog | 2005-11-02 21:40 | 二人の娘