二等兵の天然ボケ

 今日は比較的暖かく過ごしやすい一日でした。相方は午前中のみの休日出勤で、私は実家に用事があったので、朝食を三人で済ませて実家に自転車で向いました。実家に着くと、最近二等兵は決まってお絵かき。ただ、この頃色鉛筆よりはサインペン、マジックを使いたがり、キャップをしないで置いておくので無くなることがあり、祖母から注意されていたようです。今日は、その現場に私が居合わせたので、叱りました。

  私: 「こらこらこら、またキャップしてないで置いてるじゃないか。いつも言われてるだろう、キャップはお尻に付けておけばなくならないから、お尻につけなさい」

  二等兵: 「お尻に? じゃこうするの? それおかしいよ」

     と言って、尻にキャップを挟もうとするではありませんか。おかしいのは、お前じゃ!!!

先日、二等兵の言語能力とか仰々しく書いたのに・・・・。次なる段階は、比喩の使い方かと思いました。比喩でモノゴトを認識したり、説明したりするのはいつぐらいからなのか・・・。

d0004574_6113074.jpgd0004574_6115455.jpg
[PR]

by the-third-blog | 2006-02-12 01:41 | エンドレスな日常