去年の今日は・・・

去年の今日は、ちょうど一等兵の卒園式でした。一年が過ぎるのはほんとうにはやいですね。本人は小学校や学童保育という新しい環境に慣れるのにいろいろと大変だったようですが、今では毎日が楽しいようです。二等兵は卒園式の歌や劇の練習をしているようですが、まだ二年保育園生活を残していますので、こちらはまだまだ。子供たちの成長は著しいものがありますが、40代の親父の私は何か退化しているような気がします。小さいものでも、何か新しい目的というか、目標をもって生きないと、毎日のルーティーンな雑事に追われるだけで、もう一ヶ月過ぎた、もう一年だ、もう・・・・と、ただ年を重ねるだけのことになってしまいそうです。そんなこと考えると、茨木さんの「自分の感受性くらい」の詩が脳裏をかすめます。毎日の雑事・・・これも言い訳に過ぎませんね。20代のころもっていたあの熱い気持ち・・・消えかけないうちに何かをしないといけませんね。
d0004574_22282089.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-05 05:09 | 二人の娘