いつの間にか

 仕事から戻ると、いつものようにぬいぐるみを生徒にして先生を役をしていた二等兵。今日あった保育園の出来事を再現していて、暇なときにみているとなかなかおもしろいのです。今日は紙芝居を読んでいたようですが、いつの間にか声がしなくなったのでのぞいて見ると、案の定寝ていました。彼女にとっては「遊ぶことが仕事」であり、寝るま一秒前までその仕事をしているのですから、なかなかの仕事熱心であります。

 子供たちはいたって元気なのですが、相方がここ二日仕事を休みました。二日連続というのは勤続15年ではじめてとのこと。しかし、体中に蕁麻疹が広がりあれでは仕事にならないので、仕方ありませんね。この週末はゆっくり休んでほしいものです。

 健康なときは気付かないものの、家族でだれか体調を崩すと、その影響が瞬く間に他の人に伝わります。もちつもたれる関係を再確認した次第ですが、当たり前の日常というのは結構複雑な関係の上に成り立っていたことが、家族の病気を通して感じた今週でありました。
[PR]

by the-third-blog | 2006-06-23 01:09 | 二人の娘