今年一番目の朝顔

 去年小学校から一等兵が持ち帰った朝顔から収穫した種を撒いたのが二週間前のこと。もう2メートルを越える高さにのび、今日一番目の花を咲かせました。眠たい目を擦りながら6時に起きてベランダに出ると、いつもの風景の中にポツンと青い花が咲いていたのですが、この一つの花が我が家のいつもの朝をがらりと変えてしまう力があるのです。いつもなら、「早く起きろ炉、顔洗え、早く食べろ、学校に遅れるぞ・・・・」。怒鳴る方も怒鳴られる方も余裕の無い朝が、たった一つの朝顔が咲いてるだけで、早く目が覚めて、その分食べる時間に余裕ができて、いつもより10分はやく準備が終わるという具合でした。もちろん、いつもの朝の怒号はなし。でも明日はまた、元の木阿弥か。今日だけでも別世界の朝をもちらしてくれた朝顔に感謝しつつ。
d0004574_22302743.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-07-06 22:30 | エンドレスな日常