見下ろせば・・・

 再開発の土地に立っている今のマンションの横では、第二開発が先々月から始まり、ほぼその土地にあった家屋が取り壊されて平地になろうとしています。二三階家屋ならアームの長い重機であっという間に解体するのは勿論のこと、10階建て以上のものも、小さいブルドーザのような重機が屋上からドンドン壊し、アームのとどく階数になればあとは瞬く間に壊されてしまいます。再開発の対象となっている地区は、私が小さい頃は細い路地が入り組む、余所者には迷路のようなところですが、開発後は53階の高層マンションへと変身して、道も新たに作られますが、勿論直線の大きな道路であります。防災などの観点からすれば、いいのかも知れませんが、やはり43歳の青二才の目からみると味気ない小奇麗な店が立ち並ぶのは駅前だけでいいような気がします。高層マンションの良し悪しはあるでしょうが、そもそも何のための誰のための利便性、安全性なのか、開発の現場を毎日みながらあれこれ考えてしまいます。
d0004574_2037115.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-25 20:37 | エンドレスな日常