記憶と記録 一人ぶらり旅

 先週の土曜日はちょっとは涼しかったのですが、また猛暑再来であります。今日も雑用に明け暮れた一日でありましたが、帰り道にビックカメラでデジカメを買いました。我が家のためではなく、78歳の父のためにです。まだ現役で自営業をしている父でありますが、70歳からは月水金の週三日労働をしています。それでも私よりも年収が高いのですから羨ましい限りであります。その父が、空いた時間に関東近辺の日帰り旅行をするのがいつの間にか趣味になって久しいものの、記録を残さないので、「あそこに行ったのはいつだった???」と何度も言うのを聞いていたので、デジカメをプレゼントした次第であります。

 どちらかというと昭和一桁の無口な父ではありますが、やはり記憶にあるものを記録にしておきたいという気持ちはあるみたいで、今度の週末にどこかに行くのが楽しみのようでありました。兄妹や親戚、友人などの葬式や法事にいくことの多くなった近年、父の脳裏にも次は自分かもしれないという気持ちはどこかにあるのでしょう。幼少期を過ごした鎌倉、戦後東京に出てきてからの波乱万丈な独身生活・・・・まだまだ聞きたいこと、話したいことはいろいろあるよですので、ニコンのデジタルカメラが一役買ってくれることを祈りつつ・・・。
[PR]

by the-third-blog | 2007-08-21 23:35 | 家族点描