来年の手帳

 11月の最終日の東京は寒い一日でありました。六時半にセットした目覚ましで目覚め、軽い朝食を一人で済ませて、子供たちが起きる7時に家をでました。仕事はいつもと変わらずで、帰宅時にジュンク堂で本を二冊買い戻りました。周りでは風邪を引いている人もちらほらと。なんとか、年末まで体調にきをつけていきたいものです。心配なことは、シアトルに住む友人が吐血して倒れたとの知らせ・・・・。変化もなく「惰性」で生きているようなところがある私の人生でありますが、その惰性=当たり前も、よくみれば健康・家族・人間関係など意外と複雑な網の目の上に成り立っていることがわかります。私のところなどは、子供が熱を出したり、帰宅が一時間遅れるだけで、そのフォローのためにその網が大きくゆれてしまいます。そんなことを考えつつ、明日から師走ということで、来年の新しい手帳を今日開封しました。この三年連続して使っているのが、このホボニチ手帳。糸井重里プロデュースということなのですが、なかなかいいです。来年をいい年にするためにも残り一ヶ月を充実させたいものであります。
d0004574_22153490.jpg



 
[PR]

by the-third-blog | 2007-11-30 22:15 | エンドレスな日常