父の引退予定宣言

今日は長女の保育園最終日ともう一つ書くネタがあった。1929年生まれの75歳の父の引退予定発言である。いろいろな意味で、この父を越えることは難しいとおもう私ですが、チビ孫の方が小学生になることに商売やめようかと一言。しかも、所有するアパートの手すりのペンキ塗りをしながらポツリと。今も、毎日4時30分にめを覚まし、午後一-1時までは仕事をしている。名目上は代表取締役であるが、社員5人の小さな有限会社で社員より働く社長を自負している。これまで仕事を休んだといえば、機械で怪我して一ヶ月入院を余儀なくされたときぐらい。自分では、貧乏暇なしといっているが、兄と私が人生二度やってあわせた収入でも追いつけないぐらいは稼いでいる。親しい友人がポツリポツリとなくなり、勤め人の友人はとっくにリタイアしていることとも間接的には関係あるだろう。まだ仕事をしていない自身をイメージできないようでもある。一生現役である必要はないだろう。ただ、私も同じく父のリタイア後の姿をイメージできない。今も、娘たちのお迎えは世話になっているので、頭が上がらないが、何か今日は年度末であると同時に、二つの「区切り」にかかわることがあった。まあ、リタイアしたなら、一度じっくりと父のライフヒストリーをじっくりと聞いて文字にしたいと考えてはいる。これまで幾度となくトライしては中途半端におわっていたから。考えてみれば、父の人生について知っているのは非常に限られた部分。例えば、戦前の生活、玉音放送をどこで聞いたのか、戦後の生活はどうだったか。どのような下積生活をへて仕事を立ち上げたのか。浮気はしたことあるのか。リタイアしたらちょっとは違ったところから親子関係を見れるかも知れない。と思いつつきょうはこの辺で。
d0004574_23165190.jpg
d0004574_04281.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-03-31 23:16 | 二人の娘