超早引き

 昨日も記事を書いたのに、載っていませんでした。・・・・・・・・・・・・・・・

 今日は相方が長野へ出張のため、早朝に出発。一等兵と二等兵の見送りは私の役目。六時に起きて、朝食、洗濯、簡単な掃除を済ませたところで、「起きろ」コールを連呼。連呼だけでは小僧は起きません。布団から引きずり落としてフローリングの床に運んでも、ちょっとした隙に夢遊病のような感じでソファーへ向かいます。なんとか、食卓につかせて、パンかご飯かケロッグかの三択。最近、家族全員でパンならぱん、ご飯ならご飯ということが少ないような気がします。好みがバラバラです。今日も案の定、私はご飯、ママと二等兵はパン、長女はケロッグでした。ママが一番バッターとして家を出ると、二番バッターは一等兵。集団登校のために集合場所まで二等兵も付き合いました。家に一端戻ってもいいのですが、面倒臭いのでそのまま二等兵の保育園に自転車でゴー。保育園から銀行へ直行し、家に戻ったのは9時前でした。二人が戻るまでの六時間は自由時間・・・・一週間で一人になれる・・・とおもい、部屋をもう少し奇麗にして、トイレへ。コーヒーを入れて、今日読む本を探していると、電話が。「あの、◎◎小学校の一等兵の担任の◎◎ですが・・・・一等兵さんが気分が悪いといっていまして、熱が37.1あります。迎えに着ていただけませんか」との電話。一等兵は昨晩、39℃の熱がでたので心配していたのですが、朝は平熱に戻り本人から学校に行くと言うのでいかせたら。「何でやねん」と言いたい気持ちを抑えて、「分かりました。30分後に参ります」と応え、コーヒーを飲み学校へ。どこが熱なのか分かりませんでした。本人もなぜ帰らなくてはならないのか理解できていないようでした。学校としては、大事をとってのことか、めんどうくさいからか。でも、やはり本調子ではなさそうで、布団に寝かせたら、かなりの寝汗をかいていました。汗をかいたら熱もさがり、シャワーを浴びさせ、ちょっと遅い昼食を食べて、夕方にはバレエ教室にもいつも通り行きました。食欲もあるので、週末には元に戻っていることでしょう。そんな一日でした。
[PR]

by the-third-blog | 2005-06-18 00:39 | 二人の娘