卒寿の祝い

  20年前にご指導頂いた先生が卒寿の祝いをされるとのことで、子供二人を連れて雨の中を行って来ました。10数年ぶりに会う先輩もいたり、その分野では著名な方もちらほらといたりで、緊張した二時間四十五分間でありました。私が最後のゼミ生であったため、後輩はいません。祝いの会は予定通りに進行して、最後に先生のお言葉を15分の予定だったようなのですが、ななんとそのお言葉が予定よりも45分オーバーで・・・。齢90才にして丸々一時間も淀みなく話す姿には感動さえ覚えました。
[PR]

by the-third-blog | 2007-07-14 22:52 | 仕事関係

三四郎池へ

知り合いの発表があるということで、赤門まで行ってきました。一等兵を任せておけるところがなく、コブつき状態でしたが、二時間なんとか静かにしていてくれました。その後、安田講堂の裏にある三四郎池を一周して、大学内にあったローソンでおにぎりとサンドウィッチを食べて帰りましたが、キャンパスが広いですね。大学内は初期に建てられた古い建物と最近建てられた高層の建物が対照的でした。やはり、緑の多いところは春と秋が奇麗ですね。
d0004574_19281394.jpg


More 旧建物の上に新しく・・・
[PR]

by the-third-blog | 2006-04-22 19:28 | 仕事関係

またいやな仕事が回ってきた

 春休みに一ヶ月かかって終わらしたはずの仕事が、亡霊のように舞い戻ってきた。書いた文章に赤が入り、書き直し、説明不足、更には誤字脱字の訂正・・・・。A490枚くらいの分量をあと一週間で手直しせよとのこと。引き受けた仕事なので仕方なく、やってはいるが気合いが入らず、入れてやり始めたらお盆ということで甥っ子が、つまり娘達の従兄がやってきて、プールへ連れて行く羽目になった。二人の娘はこの小学四年生の従兄が大好き。父も仕方なく、プール二時間→回転寿司30皿→東急ハンズで文房具というコースに付き合うことになった。あーぁぁぁぁ、今日は徹夜だ。
[PR]

by the-third-blog | 2005-08-11 22:00 | 仕事関係

7月も最終日となり・・・

別に充実した日々を送っているという自覚は無いのに、または無いからか、本当に一週間一ヶ月があっという間に過ぎていく。30代も後半は早かった。先輩によると40代はもっと早くなるとのこと。未だに、私の中では「仕事」と「家庭・育児」のバランスがうまくとれていないような気がする。後者に時間を割けば前者に割く時間がへるのであるが、前者を優先してその負担を相方に回せば、両者の関係自体がギクシャクする。だからとりあえず、後者に気を配りつつ、その範囲内で前者に可能な時間を割くのであるが、このところその前者がマンネリ化しているところに、時間が早く過ぎるように感じる原因のようなものがあるような気がしている。そもそも、「時間が早くとか遅く過ぎる」という表現は比喩のようなものであり、そのように時間を眺める観点がなければ、遅いも早いもないはず・・・。でも今のところ、勝手にこの観点から逃避することも、両者のバランスを変えることもできそうにありません。となると、寝る時間をちょいと削るしかないのかもしれません。愚痴が多くなりそうなので、このあたりで止めます。皆様、よい八月をお迎えください。
[PR]

by the-third-blog | 2005-07-31 01:31 | 仕事関係

突然の電話

あまりに暑いので、陽が傾く頃に帰宅。流石、電車の中はキンキンに冷房がきいていて気持ちよかった。ちょっと早い帰宅だったので、本をちらちらと眺めていると、サイレントモードにいた携帯がぶるぶると震えている。発信元番号をチェックすると見知らぬ番号だった。三回もこの30分の間にかけていたらしい。いつもなら無視するところなのですが、気になったのでコールバックしてみると「もしもし◎◎です。突然電話失礼。元気。この夏は何してるの」と、三年ぶりの声でした。この人とは、かれこれ20年のつき合いになります。
 私がまだ大学三年生のころからのつき合いで、九州は長崎。五島列島の真ん中にある奈留島というところで、家電店をしているかた。その後、この島の方々には、いろいろとお世話になり通算すると一年弱滞在したのではないでしょうか。昨年、五島列島で唯一の市だった福江市と合併して五島市になったのですが、彼の表現では「飲み込まれてしまった感じ・・・」とのこと。2002年の夏に10日間ほど滞在したのを最後に行っていませんが、それでもメールでいろいろと情報交換が可能なこともあり、ご無沙汰してしまいました。電話では何か町おこしのNPOを立ち上げるとのことで、外部協力者的な立場で関わらせていただけるようなことでした。九月くらいに一度時間をつくっていければいいのですが・・・時間があるかどうか。この島の話はまた後日書かせていただきます。
[PR]

by the-third-blog | 2005-07-27 17:48 | 仕事関係

ただいま昼休み

ああ、それにしても暑すぎます。今日は寝坊寸前でした。ぎりぎりのところで電車に飛び乗りセーフで到着。先ほど、銀行までいったらキムタクの出ているコマーシャルのように解けてしまいそうな暑さ。

 どこか涼しいところへいきたいよ・・・。

例えばこんなところ?
d0004574_12463352.jpg


それとも
d0004574_12471899.jpg


もうどこでもいいや
d0004574_12473841.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-07-27 12:47 | 仕事関係

朝方、ちょっとだけ降りました

 やはり、5週連続の雨の朝となりました。私は、6時50分に家を出ないと仕事に間に合わないため、6時起き。眠たい・・・午後からは晴れ間もという予報を信じて、二日間たまった洗濯物を干して出発。しかし昨日の悪夢は正夢となるところでした。教室には私が一番に到着・・・待つこと25分。規定では30分まって教員がこなければ休講措置ということなので、学生がこなくても一緒だとおもい、出したテキストをしまっていたら二人が入ってきました。こちらとしては、なんとも言えない気分でしたが、「お客さん」が来たのですからするしかありません。

 でも一つ発見がありました。実は、私の授業には正規学生でない単位は必要ないがやりたいという学生が二人潜入しています。一人は留学生ですが、一人は四年生らしいひと。その人が某芥川賞作家の知人さんであることが分かったのでした。でも多分そんな目でみたらその受講生は間違いなくいやがるでしょう。

  なにか今日は大学とは関係ない、他の意味でハラハラ、びっくりした一日でありました。一等兵の朝顔の方は、連続して四日間1から4つの花を咲かせています。

d0004574_22361445.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-07-13 22:36 | 仕事関係

明日の天気は

d0004574_20234514.jpg
このところ四週連続で水曜日は雨です。雨の一限目というと、私が大学生のころもそうでしたが、出席率はガクッと落ちます。知り合いの講師の人の話ですが、これまでに学生にスッポカされたのが三回あるそうです。幸か不幸か私は今のところゼロというのはなく、三人というのが最低でした。何か明日あたり写真のような風景だったらとおもうと・・・・。
[PR]

by the-third-blog | 2005-07-12 20:22 | 仕事関係

しりとりする語学力

 今日、講義に向かう途中、準備したカバンでない方をもっていることに途中で気づきました。もう引き返せないところまで電車は来ていました。どうしよう・・・・。なんとか、アドリブで乗り切らねばとおもい、それからの20分はひたすら90分間のネタを探しメモりました。

 そこで考えたのが、しりとりゲーム。二年目の中級クラスなので、ある程度の語彙力はついてるとおもい、やってみたのですが、10人クラス一回りできませんでした。何か悲しくなりましたが、人がしりとりをできるまでになるにはどのくらいの年月が必要なのだろうとおもい、帰宅後小学一年生の長女としてみたところ、かなり長くできました。次に三才の次女。まず、しりとりというゲームを教えるだけで時間がかってしまいましたが、三四回はできました。一年前は単語の世界だったのが、三才になると文でいろいろと表現するので、もう少しできるのかとおもいましたが、単語をしりとりという別のルールの中で使うのにはまだ時間が必要なようです。ということは、中級の学生さんたちは三歳児とは逆で、ルールは分かるものの、そのルールに使う語彙数が少ないということなのか。

 
[PR]

by the-third-blog | 2005-06-20 21:13 | 仕事関係

keep your powder dry

 どこかで聞いた英語の格言です。直訳すると、火薬をしめらせるな、つまり万一に備えておきなさいということらしいです。大学の頃に、アメリカ人人類学者のマーガレットミードがこのタイトルの本を出していたような気もします・・・。そんなことはそっちに置いておいて、何か私が醸し出す印象はpowderがしめっているとおもえたらしく、知り合いの韓国人から言われました。私からすると、その人のpowderも乾いているとはおもえないのですが、私がそう思う人の目からみて私の火薬はwetに映るということは、やばいとおもい、しぶしぶアドバイスとして素直に聞くことにしました。ただ、話を聞いているとどうもスポ根もののような口調になり、人間くやしさがなくなたら終わりだとか、目標を見失ってはいけないとか、種火が消えたら死んでいるのも同然だとか、聞いていて比喩の使い方には気をつけようとおもいました。

 そんな小言から始まった仕事場での一日でしたが、相方が一等兵の授業参観にいってきました。私は土曜日に行く予定ではありますが、あまり関心はありません。子供の頃もあまり親が学校に来るのは好きではない方でしたから。とりあえず、相方が撮った写真を載せておきます。

d0004574_22505256.jpg
 
[PR]

by the-third-blog | 2005-06-07 22:52 | 仕事関係