カテゴリ:家族点描( 65 )

久しぶりの家族旅行 一泊二日

家族四人での旅行は本当に久しぶりでした。とは言っても、一泊二日で箱根と富士に行っただけですが、久しぶりすぎて、それでも十分なほどゆったりとした時間を過ごせました。これと言った計画は立てず、ただ箱根のホテルで一泊して、翌日子供たちが行きたがっていた富士急ハイランドと御殿場プレミアムアウトレットに行くことだけは決まっていました。

日曜日の昼に出発、東名で御殿場~箱根へ。途中、通りがかった星の王子様ミュージアムで遅いランチ。芦ノ湖のロープウェイで大涌谷まで登ったものの、楽しみにしていた温泉卵はまさかの売り切れ・・・・。30分ほど土産やで過ごし、富士山の景色などを楽しんでロープウェイで戻り、そのまま宿へ。夕食後は、お風呂そしていつものゲームをして、消灯。

朝は六時に目が覚めるものの、ミッチー以外は夢の中。朝風呂して、近くを散歩して、七時半には出発。八時45分には富士急ハイランドに着くも、すでに行列・・・・。開園前にもかかわらず、チケット売り場ににはすでに高飛車やドドンパは2時間待ち。更にフジヤマは風が強いから休止状態に・・・・。でも値段は変わりません。それでも子供たちはC級アトラクションを幾つか楽しみ、昼過ぎに富士急は撤収し、アウトレットへ。ただ、アウトレットもあまりに広く、かつ安さもそれほどではなかったような・・・・。

それでも家族で過ごした一泊二日の旅は、それはそれで楽しかった・・・ことにしておきましょう。次回の家族旅行はいつのことになるか?


d0004574_11583878.jpg


More
[PR]

by the-third-blog | 2012-03-25 11:31 | 家族点描

ひな祭り

我が家は三日の当日にひな人形のセッティング・・・・。親戚の人が参加している人形の展示会に行ってきました。その帰りにはもんじゃ焼きを食べて、ゆっくりした休日をすごしました。浅草からみるスカイツリーはなかなかの迫力でありました。

d0004574_15471316.jpg


More
[PR]

by the-third-blog | 2012-03-03 15:43 | 家族点描

節分は...

これまたこんな感じで

d0004574_16155532.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2012-02-13 16:16 | 家族点描

初詣は地域の神社に

ということで

d0004574_1621488.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2012-01-01 16:19 | 家族点描

2011年 クリスマス

もうクリスマス。
d0004574_1217022.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2011-12-25 12:14 | 家族点描

もう九月も半ばに

 どんなに世界が変化しても、時間を早めたり遅くしたりするのは無理かとおもいますか゜、それにしてももう震災から半年が経ちました。

 この夏休みも、これといったことはありませんでしたが、娘を連れてシアトルの知り合いのところで一週間すごすことができたのは、これまでにない夏休みの出来事でありました。34年前にホームスティした家族のところに自分の娘を連れていくとは、夢にもおもっていなかったので、感無量であった反面、自分の思い出の風景の中に子供が加わってきたことで、これまでにない感覚というか不思議な経験でもありました。また、それ以上にホストファミリーとの関係が34年間続けてこれたこと、二世代の交流へと広がったことが、なによりうれしかったことです。ただ、この34年の関係を続けてきてくれて、今年67才になるペリーさんが余命一年ほどであるという、つらい現実もあり、手放しで再会を喜ぶという旅行ではありませんでしたが・・・。

 たった一週間ほどの短い滞在ではありましたが、知り合ってからの積もる話もいろいろとできたし、近所関係や友人関係、親戚関係など、ホストファミリーの日常を垣間見ることができましたが、その中でも夫の死後に一人になったときの、心の準備もしているラモナさんとの話が、やはりこころに残っています。家族との関係、仕事、教会、定年後の人生、まだまだ話足りないことは山ほどありましたが、そもそも一週間で語りきるのは無理というものでしょう。おまけに、ノースダコタからシアトルに引っ越してきてからの、ライフヒストリーも聞こうとしたので、欲張りすぎて、何かまとまったことはできませんでした。生き方、考え方、感じ方、同じ時代を共有しつつも、根本的なところの差異がありつつ、それでも一人の人間が生きるということの、楽しさや難しさにどこか共感できる年に私もいつのまにかなってきたような気がしました。

 子育てを終え、親を看取り、余命一年の宣告をされた夫と過ごし、今後の生活についていろいろと話してくれたラモナさんとは、一生の付き合いになりそうです。またその娘のアンドレアにも今回はいろいろと娘たちがお世話になりました。細くとも長くこれからもお互いに関心を持ち続けていければとおもいます。

 彼らの年齢になる20年後、私は何をしているのか・・・・彼らのように、心豊かな生活をしているだろうか、やはり毎日の積み重ねなしには、難しいでしょう。





d0004574_1223511.jpgd0004574_1211713.jpg







 
[PR]

by the-third-blog | 2011-09-14 12:03 | 家族点描

25年振りに

中学の時にホームステイでお世話になったシアトルの知り合いのところに娘を連れて行ってきました。まさか、あれから34年後に娘を連れて、再会てせきるとは夢にも思っていませんでしたが.....。あっという間の一週間でしたが、思い出に残るいい旅の一つになりました。写真は、シアトルにあるスタバ一号店の前での一枚です。1912年に建てられたとのことで、100年なんですね。
d0004574_12122088.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2011-07-27 12:01 | 家族点描

金婚式、傘寿と喜寿

  今年父が80、母が77歳で、かつ結婚50年の金婚式。兄家族と私のところと両親で鎌倉に一泊2日の旅行をしました。父が小学生時代を過ごし、旧友がいる思い出の場所ということで、我家では何かというと鎌倉であります。80歳、金婚式といっても、まだ現役で働いている父であります。ただこの日だけは、久しぶりに一同が会し、特に四人の孫たちに囲まれての金婚式+誕生日は幸せそうでありました。息子としても、ちょっとした親孝行が出来てほっとした次第です。

  通常の誕生日だけならば、プレゼントとバースデイケーキを準備すればいいのですが、今回は金婚式とほぼ重なり、というのは父は誕生日の一週間前に挙式しているためなのですが、金婚式のプレゼントに困りました。困ったときにはネットで調べる・・・・でもどこも同じようなものが多くて・・・・。そこで今回は、父の父、つまり私の祖父母(明治14年生まれ)の時代からの写真を四代にわたるフォトブックを作ることにしました。さすがに戦前の写真は少ないのですが、大正9(1921)年に生まれた父の姉の誕生記念にとったものから始まり、現在にいたるまでの写真から150枚を選び、フォトブックにしてプレゼントしました。作り方はさほど難しくないのですが、手間がかかるのはまず写真の海の中から150枚を搾り出す作業。更にそのキャプション付けで、兄妹、親戚の多い世代の人たちは、戦後生まれの私の年になると、半分は判別不可能。プリントアウトされた白黒写真やカラー写真は一度スキャナでスキャンするわけですが、奇麗な画像にしようと細かいドットに設定すると、一枚スキャンするのに数分・・・・。デジタル写真全盛の昨今ですが、たかがここ10年ですので、全体の1/4ぐらいしかデジタル写真は使いませんでした。でも、戦前の写真は傷みがひどく、ここでデシタル処理して保存しておかないと、色も褪せていくし、写真自体がボロボロになってしまいそうなものもありました。

  4世代、120年の我家の歴史が一冊の冊子として出来上がってきたのが、旅行の前日。両親だけでなく、子供たちもニコニコしながら見ていてくれたので、苦労が報われました。ただ、一週間の突貫工事で作ったようなフォトブック、やはり誤字はあるし、中央の折り返しで顔がつぶれてしまったのもあり、次回はもっといいものにしたいとおもっています。そうなると、両親にはもっと長生きしてもらわないとなりませんね。

  フォトブックに関心のある方は、http://www.photoback.jp/home.aspxにアクセスしてみてください。他にも、富士フィルムサイトhttp://fujifilm.jp/personal/print/photobook/index.htmlで同様のサービスがあるようです。
[PR]

by the-third-blog | 2009-10-08 12:16 | 家族点描

夏休み最終日

 都内の小学校は、二学期の始まりがまちまちのようで、ちびっ子が通っている小学校は8/27か゜始業式でした。そのため、夏休み最後の記念にお台場へと。久しぶりにのったユリカモメは思ったよりも快適でした。ただ
、お台場に行きたかったのは子供ではなく母親。ガンダム見たさに付き合わされた家族でありました。

 帰りは池袋に出たら、池袋の西口では鳩山民主党が、東口では麻生自由党が選挙最後の演説ですごい人だかりでありました。民主優勢とのことですが、どうなることやら結果が楽しみです。

 
d0004574_2040364.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2009-08-29 20:40 | 家族点描

夏恒例の祭り

  夏恒例の祭りといえば、我家の場合は大塚の阿波踊りとなります。もう今年で37回目とのこと・・・・。高円寺阿波踊りよりは歴史はないものの、本場以外のところに移植されたお祭りとしては、それなりの歴史になりつつあるようです。この祭りを見るたびに、伝統文化って何???と考えてしまうのですが、そもそも文化とか、地域とか、似合いそうもない都市の中に添え木されたかのような祭りが37年も続くのですから。

d0004574_210297.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2009-08-26 21:00 | 家族点描