カテゴリ:家族点描( 65 )

ジョナサンモーニング

二等兵がなかなか起きないので実現しなかった、二回目のジョナサンモーニング。ようやく実現しました。しかし、ちょいと遅すぎて、10分前にモーニングメニューは終了し、ランチを食べたので、今日はブランチでした。
d0004574_1520764.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-09-08 15:18 | 家族点描

全員早起きの日曜日

四人家族になってから、四人全員が日曜日の朝に7時前に起きるというのは、我が家では初めてのこと。昨晩早めになたこともあり、先ずはママさんが6時前から散らかったリビングや部屋の片付けをはじめ、物音に反応して私も起きると子供たちが起き出しました。部屋片付けが一段落したところで、最寄の駅のジョナサンにモーニングを食べに自転車で行ったのですが、ジョナサンの日替わりパンはとても美味しく、朝から美味しいものを食べると何か得した気分になりました。いつもと全く違うゆったりとした朝食が終わってもまだ九時前。家に戻るのがもったいないので、そのまま東急ハンズへ。アクリル製の透明デスクセットが一万三千円くらいで安売りしていたので「欲しい買いたい」とも財布の紐が緩みかけましたが、置くところがないという現実。子供の文房具を買わされて帰りました。
d0004574_10455289.jpg


 夜は軽めのものが食べたくなり、釜揚げうどんを食べに行き、食後は近くにあったカラオケで歌いまくり、一等兵の二回目の夏休み、最後の日曜日は終わっていきました。

d0004574_10462849.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-08-27 20:36 | 家族点描

おばあさんの原宿へ

 ばあさまから電話で、巣鴨のお地蔵様にお参りに行こうとお誘いがあり、昼から都電に乗り行って来ました。4のつく日が縁日らしく、すごい人手でした。時折テレビでみたことはあるものの、こんなに人がでているとは・・・。しかも年配の方が多く、高齢化社会そのものという感じでありました。でも、別に悲観しているような暗い雰囲気はなく、皆さんそれぞれお参りをエンジョイして買い物をしているような感じでした。
d0004574_1925995.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-06-24 19:03 | 家族点描

母の日

 今年も母の日が来ました。マンションの前の花屋さんに行って、一等兵と二等兵に好きな色を選ばせたところ、一等兵はオレンジ、二等兵は薄いピンクのカーネーションを選びました。九時の帰宅でしたが、二人の娘からのカーネーションに仕事の疲れも少しは癒されたかなぁ。
d0004574_1512736.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-05-12 23:51 | 家族点描

我が家のひな祭り

マンション暮らしの我が家にとって、ひな祭りの人形は、お内裏様とお雛様のみ。五人囃子、笛や太鼓などはありません。保育園に毎年飾られる七段飾りをみては「いいなぁ」と一等兵。しかし、今年はちょっと増えました。小学校と保育園でれぞれが作ってきたものを加えて、四組の殿と姫。散らし寿司も仕入れてきて、おいしいひな祭りでした。
d0004574_21481920.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-03 21:48 | 家族点描

家族、親戚、祖先

ちょっと大げさなタイトルですが、先日、いつも子供たちの迎えで世話になっていることもあって、子供たちと実家の掃除をしてきました。そのときに、仏壇の埃を拭こうとして、拭く前にチンと鳴らして手をあわせていると、二等兵が「何してるの私も鳴らしたい」と。私の父は次男なので仏壇はなく、母が箪笥の上に簡単に写真をおいているだけのものなのですが、いつの間にかそこに飾られる写真が増えたこと。
d0004574_1515280.jpg

私の小さい頃は、父方の祖父母と母方の祖父だけだったのに、母方の祖母・叔父・伯母らが加わりました。もちろん、二等兵と面識のある人はいません。私にとっても、父方の祖父母は父が結婚前に亡くなっているので面識はなし。したがって、私が二等兵に話す祖父母の話はすでに父からの伝聞になります。一緒に生活したこともなく、僅かな時間さえ共有していない上に、父もこちらから聞かない限りはなすこともないので、その知識はまるでパズルのピースのようで、思い描いた全体像の中でどの部分に位置して、他のビースとどのよな関係にあるのかほとんど分かりません。明治16年に三男として栃木で生まれたこと、石切職人であったこと、養子に出たこと、鎌倉に引っ越したこと、賭け事が好きだったこと、・・・・癌で亡くなったこと。父はその祖父の次男として昭和4年に栃木で生まれ、小学校のときに母をなくし、鎌倉、静岡を経て、そして昭和26年に東京に出て一年間の修行をしてから、独立。兄と一緒に中華麺をつくる小さな工場を立ち上げたものの、一年もしないうちに隣家の火事で工場は焼失。しかし、火事の二ヶ月前に入った火災保険で再度工場を移して仕事を続けることができたそうです。・・・・・・・・・・祖父や父が生きた明治・大正・昭和初期・戦後・・・多分一等兵にしても、二等兵にしても「過去の時代の過去の人々」ということになるのでしょうが、今年当たり、父のライフヒストリーをまとめながら形にできればとおもいます。母方の祖母がなくなったとき、私は大学生だったのですが、彼女が話してくれた大正末から戦前の出来事、戦後の混乱のことなどを聞きながら、家族だとかいいながら全く祖母についてまったく知らない孫としての自分に違和感を感じたのを覚えています。近い人のはずなのに、すごく遠い人といった感じでじょうか。家族の絆を再発見とかいったことではなく、何もしらないのに知った気に勝手になっていた自分の足元の脆さが、一つのきっかけとなって、逆に家族とか親戚とか血のつながりとか、ましてや共同体や国家や民族など、すごくうさんくさい存在に思い始めたのもこの時期です。想像の共同体としての民族や国家ではありませんが、やはり家族も想像されている(何もしらないのに知っていると思い込めるという意味で)のかも知れません。そんなことを、箪笥の上に祀られるこの写真の先祖、親戚をみておもします。。
[PR]

by the-third-blog | 2006-02-08 15:15 | 家族点描

50m走・・・一等兵からの挑戦状

 この寒い中でも子どもたちは元気です。一等兵曰く、「私はお父さんより早く走れる」。挑戦状です。売られた喧嘩というか、挑戦状は受けて立たなければ。家族全員で、急遽近くの公園へ。軽くランニングしてから50m競争です。先ずはママさんと一等兵の競争。二等兵が、「よーい、ドン」して、私がゴールで着順をみるということに。スタートは身軽な一等兵がちょっとだけリードしたものの、加速がついてくるとやはりまだママさんには叶わなかったものの、その差は2mもなく大健闘。負けた一等兵は、一息つくと、矛先を私に向けてきました。3mほどのハンディをあげたのですが、案の定二連敗の一等兵。中太りは短距離は強い人がいることを教えてあげました。
 それにしても、徒競走など何年振りでしょうか。高校以来か。心臓が口からでてきそうで、いかに日々運動不足か身にしみてわかりました。一等兵、ありがとう。でも、彼女が六年生のときに勝てるかどうか、自信はありません。
[PR]

by the-third-blog | 2006-02-04 22:33 | 家族点描

節分はいつも・・・

男が私一人の我が家では、ここ何年か鬼の面を被るのは私の役であります。保育園と小学校でそれぞれ鬼の面を作り、持ち帰った二人は、いつも怒られている父親にここぞとばかり豆を全力投球してきます。まあ、こんな風景もあと何年続くことか。仕事でアクシデントがあり、帰宅が遅くなった母親をまってから、今年は南南東を向いて巻き寿司を食べました。


d0004574_005099.jpg

d0004574_23592857.jpg
d0004574_23594831.jpg


More恵方巻きとは
[PR]

by the-third-blog | 2006-02-03 23:59 | 家族点描

雪国?東京?

午後から雪になりそうだとか昨晩は言っていたのに、朝カーテンを開けるとすでに雪だった。カーテンを開ける前から、冷気が部屋に充満し、雪であることを予感させていたのだが、もう屋根の上は真っ白。やはり、こんな雪で喜ぶのは子供か犬ぐらいか。朝食後、公園に行くと、そこにはもう5~6体の雪だるまが作られていた。子供のリクエストでカマクラを作っている父親もいたが、うちは雪だるまだけで勘弁してもらった。
d0004574_15353579.jpg


 それにしても、これほどの雪は数年ぶりですね。またセンター試験のときに、なぜがよく雪が降るような気がするのは私だけでしょうか。受験生のいる家庭では今が一番緊張しているときかも知れません。私の姪っ子も今年高校受験で、ピリピリとしているようです。今日は、雪だるまで楽しく遊んだわが子も、数年後は通るであろう受験のときは、今日のような楽しい雪には見えないことでしょう。

d0004574_15375094.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-01-21 15:35 | 家族点描

上野の不忍池に

今日の東京は寒かったけれど、いい天気でした。年末に壊れたテレビの買い替えをするのが、我が家の今週末の課題。その課題とは無縁の二人は、この寒空にボートに乗りたいとのこと。近場で乗れる場所は、上野くらいか・・・。勢いに任せて30分、アヒルちゃんに乗ってきました。夕方からは、風が出てきたので、流されることもあり、漕がないと反対岸に流されそうで、結構な運動になりました。水上から見る眺めもよかったのですが、カモが水面から助走をつけて飛び立つ際の光景は、水面を走るような感じで家族で感動してしまいました。

上野からの帰り道、ビックカメラによって42型のプラズマテレビを購入。久しぶりの◎十万の買い物だったので、ちょっと躊躇もありましたが、パソコンでテレビを観るのはやはり不便ですので。来週の金曜日に設置ですが、今からたのしみであります。d0004574_23564940.jpgd0004574_3215078.jpg
[PR]

by the-third-blog | 2006-01-07 23:56 | 家族点描