カテゴリ:二人の娘( 165 )

気になる小冊子

今年になってから駅や道端、食堂などでよく見かける『R25』という雑誌。硬いところと柔らかいところがバランスよく構成されていて、トレンディー情報から有名人へのインタビューまで、これまでにないような情報誌で、電車の中の時間つぶしには最適・・・でもついつい家に持ち帰ってしまうのは私だけではないのでは。

 今日はマンションの総会でした。うーん、疲れたけど、非常に奇妙で刺激的でかみ合わない討論がおもしろかった。いずれにしてもマンションライフは、いずれ詳しく書くぞと、再確認いたしまして、今日はおやすみなさい。
d0004574_22572340.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-03-29 22:57 | 二人の娘

変わりゆく町並み

前回の記事はちょっと脱線。ある方のブログをちょっと私風にアレンジしてと考えたのですが、素人では出来ません。軌道修正します。

地下鉄の駅とJRの駅の間にある我が家というか、私の住むマンション(ローンもあと30年ある)ですが、越してきて4年目の春であります。駅から近いので便利な点は買って後悔はありません。ただ、都会のマンションライフということで、ほとんど交流はなし。隣のおばさんと、ようやく長女が小学校にあがるため、子どもを媒介としたおつきあい程度。いつかマンションライフについて書きたいと思うのですが、今日は他の話題でてきます。三年経つと近所もいろいろと変わってきます。この三年でどのようなお店が消え、どのようなお店ができたか、400mくらいの通りに面するお店の栄枯盛衰をまとめます。

 まず、何が増えたか。一位はやはりコンビニです。それまで、一軒しかなかったのですが、6軒も増えました。実際は7件なのですがこの三年のうちに撤退したためカウントしてません。おもしろいことに、その半分の3軒は銀行店舗のあとに一階を間借りするように進出しています。二位はラーメン店で5軒です。1軒は焼肉からの転業。その煽りで一店が淘汰され閉店しました。後三位は惣菜屋で二軒。引っ越してきてすぐに惣菜屋ができたたのですが、昨年パン屋が撤退して、総菜屋に。四位位というよりその他でまとめたほうがいい気がしますが、やはり食品関係が多いような気がします。コーヒーショップ(二軒)・飲み屋・松屋、釜揚げうどん屋、スパゲティー専門店。それと、レンタルビデオ屋、クリーニング店・小物店・パーマ屋もできました(もちろん無かったわけではなく新規参入店です)。わずか三年なのですが、いろいろと駅までのストリートを構成する店はゆっくりと変わっていきます。

 ではその影で姿を消した店は・・・。羅列しますと、銀行・お好み焼き・裁縫関係の店・パン屋・呉服屋・寝具店・小規模な100円ショップ・コンビニ・ラーメン店・銀行などです。

 私の生活圏との関連で恣意的に切り取った空間での出来事ですのであまり意味のあることではないのですが、何も考えずボーっと通勤ストリートを振り返ると、確実に変化しています。一つの店が出来上がる、または消えて行く中でいろいろなストーリーが展開しているのでしょうが、一年後・二年後また報告できたらとおもいます。




 
[PR]

by the-third-blog | 2005-03-29 14:00 | 二人の娘

どなたか教えてください

ブログの素人です。エキサイトブログのところに他の人のブログのリンクをはりたいのですが、貼り方をどなたかお教えください。
[PR]

by the-third-blog | 2005-03-28 16:53 | 二人の娘

今日の日帰り一人旅

昨日、ご訪問してくださった22名の方々にまずは感謝します。でもまだコメントゼロで、孤島のブログ状態です。置手紙よろしく。

コメントゼロが続くので、ちょっとおもしろいブログはどんなものか、またブログ旅行に出ました。といっても、30分くらいしかないので近場です。これまでみた面白かったブログ・・・・まず膨れに膨れ上がっている「お気に入り」をチェック。私のお気に入りは雑然としていますが、今日現在次のような分類・整理がなされていました。

①気になるブログ
②韓流ブログ
③お仕事関係ブログ
④在日な人々ブログ
⑤実用ブログ
⑥一時保管ブログ
⑦分類不能ブログ

といった感じです。
今のところのおもしろトップワンは、
ご利用はご計画的に。ですが、こんなにおもしろいものは私には作れません。背伸びせずに、自分らしいものをとも思いますが、何か若者の自分探しのようで嫌です。誰かのブログをパクる。でもいつかはバレル。

まあ、「ご利用はご計画的に。」を越えることはできないにしても、未だ見ぬブログ旅行の中でネタをさがしながら、自分の城を作っては壊す、これを繰り返していくことにします。今日はいい天気のようですね。それでは、初コメントを今日は今日はと期待しつつ、おやすみなさい。
[PR]

by the-third-blog | 2005-03-19 06:07 | 二人の娘

二等兵の贈り物

帰ってきて、二人の子供の世話もあり、寝静まったのが12時。ようやくパソコンの前に座り、設定開始。しかし、二等兵(三歳の次女)が寝られないと背中におんぶ状態である。このブログでは、あまり意識的に社会的なことには積極的には触れず、非常に個人的な、自分でも見たくない自分、それをここでは猟奇的な部分として、そこを書きたい。韓国映画『猟奇的な彼女』の猟奇性とは違うかも知れないが、ああいう猟奇的なところを何か表現できれば、もう少しは自分にきちんと向き合えるかもしれないという希望から。あと、独身時代、結婚して二人の生活、子どもが出来て三人の生活、次女が出来て四人の生活となる中で、自分の中の猟奇的なところも変わってきたかも知れない。あの映画を見るまで、私には猟奇的という語彙はなかったが、自分勝手に感じたあの猟奇性を自分の中に、家族の中に、社会の中に、目をふさがずに向き合えればとおもって、扉をひらくことにします。まだ書きたいのですが、二等兵がひざの上で寝たので、今日は撤収します。特に意味の無い写真は、二等兵の大切なラムネですが、早く床に就いてくれればあげるよと、持ってきてくれました。それでも、書き続ける悪い父親ですが、訪問なされた方、どうぞ時折またお立ち寄りください。d0004574_1101552.jpg
[PR]

by the-third-blog | 2005-03-17 01:12 | 二人の娘