<   2006年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

最悪な月末

 29日の夜に発熱、38~39℃状態が続き最悪でした。31日の夕方から体が動くようになり、ようやく一部のみ日常に復帰した次第です。ただ、年度末で相方の方も仕事が溜まっていて、一人部屋でうなされるというさびしい日でした。一等兵と二等兵の迎えのときは、座薬でなんとか熱をその場しのぎでも下げて迎えにいくなどしたので、これもよくなかったのかもしれませんがこればかりはどうしようもありません。子育てに休暇はないのですね。この風邪のせいで、ハンズのポイントが480ポイントが失効、ジュンク堂のコーヒー無料券も期限切れとなる、おまけもついてきました・・・。

 外は桜が満開のようで、ベランダから見える公園の桜も先日まではちらほら程度だったのがもう一面桜・桜・桜です。明日には何とか復活して近くの桜並木を歩きたいものです。皆さん、風邪はご注意を。
[PR]

by the-third-blog | 2006-03-31 23:59 | エンドレスな日常

二等兵の外国語能力 書き方編

最近一等兵が英語の歌を覚えたいとのリクエストにママさんが、英語の歌詞の上にカタカナで発音を書いてあげて、それを壁に貼って、CDから流れてくる音にあわせて歌っています。発音はよくないものの、英語や韓国語、中国語など興味をもっているようです。そんな風景を横目でみている二等兵なのですが、ようやくひらがなが読めるようになった段階ですので、アルファベットやハングル文字は、文字にはみえていないようです。ただ、一等兵と同じことをやりたいという気持ちだけは強いようで、「私にも何か書いて貼ってよ」というので、「ひらがな、カタカナ、漢字を少しずつできるようになったら、新しい文字を書いてあげるよ」と言ったのですが、本人は納得がいきません。そこで、本人がしたのが写真にあるように二等兵流の外国の文字というものを書いて知らないうちに壁に貼っていました。夜片付け物をしていて、夫婦でそれを見て大笑いしてしまいましたが、今朝起きたときに尋ねると、得意げな表情をしていました。
d0004574_13171245.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-29 13:17 | 二人の娘

爆睡の二等兵

土・日・月といとこのお姉ちゃんお兄ちゃんとフルに遊んだ二等兵は、月曜の夕方から翌日の朝九時まで約16時間連続で寝ていました。途中、何回か寝ぼけるものの5分としないうちまた布団に戻る二等兵。しかし、昨日の火曜日はさすがに夜は眠れず、床に就いたのは2時でした。春休みのない二等兵は、今日も元気で保育園です。
d0004574_1123357.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-29 11:23 | 二人の娘

春休みのご褒美は・・・

北海道の77さんはもうしていた任天堂のDS liteが手に入り一等兵が夢中になっています。ネットで買おうとおもうと、店で新品を買うよりusedの方が高いという異常な状況。同級生の何人かが持っているので買って買ってとせがまれていたのですが、まだ一年生には早いと諦めかけていたときに、舞鶴の祖母が・・・・。しかも、早朝から四時間も並んで手に入れたとのこと・・・・。しかし、このゲームはよく出来ていますね。ソフトによっては大人の方が夢中になりそうでした。脳梗塞を五年前に患った東京の祖母にもいいかも知れない。それにしても、祖父母は孫にほんとうに甘いですね。子供と孫、どこがどのように違うのか。私がそれを実感するには、あと20年くらいかかりそうです。
d0004574_1148369.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-28 23:48 | 二人の娘

一等兵春休み

 週末は、子供たちのイトコが祖父の家に泊まりに着ていたので一等兵と二等兵も駆けつけました。四人のみのイトコ関係は、人数がイトコというよりはキョウダイ。年齢的には15・10・7・4才で、ばらばらなので二つに割れて遊ぶこともなく、和気藹々と遊んでいましたが、楽しすぎたのか結局は祖父母の家に二人そろって初めてのお泊りとなりました。翌朝迎えに行くと、寝たのは12時過ぎで、おまけに真夜中の3時に一人がお腹がすいたというと、全員が起き出してりんごを祖母に剥いてもらったそうです。そして、昨日は、そのイトコのお兄ちゃんとお姉ちゃんが我が家に一泊二日していきました。不思議なくらい楽しそうに遊ぶ四人でした。

 外はもう春。桜も場所によっては満開。この季節はいろいろな花が楽しめて、ほんうにいい季節です。
d0004574_2247253.jpg


More  花々
[PR]

by the-third-blog | 2006-03-27 22:50 | エンドレスな日常

お墓参り

火曜日は用事があっていけなかったので、今日新宿区にあるお寺へとお墓参りに両親と、終業式を午前中に終えた一等兵と私とで行ってきました。お墓は、二日前に供えられた花で一杯でした。普段は気味が悪い墓地も、昼で一面に花が供えられているとちょっと違った空間に感じられました。墓の中に眠っているのは、母方の祖父母と伯母。明治30年代生まれの祖父母と私とでは、同時代を生きたという感覚はほとんどなく、むしろ差異や不連続性の方が目立ちます。以前、祖母が生きていた頃に、祖母-母-私の三世代の距離感のようなことを話題にしたことがあるのですが、母は戦争経験という一点を強調して、戦前/戦後の差異を強調したのですが、私から見れば宮城県のムラで育った祖母と、東京で生まれ育ちほんの一時期宮城県に疎開生活をしていただけの母との差異もかなりのもの。墓参りや祖先ということから、何が一族とか歴史、連続性というものが前面に出てくるような気がしなくもないのですが、冷静に考えてみると、祖母と母にしても、私と母にしても、そして私と一等兵にしても、この4世代のつながりは非常に脆い、危ういようなものの上にかろうじて成立しているようにしか感じられません。だから、墓参りして、脆さを繕っているのかなぁ。とりあえず、一等兵が無事元気で一年生を終えたことを報告してきました。

d0004574_19485598.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-23 19:48 | エンドレスな日常

一等兵の漢字力と想像力

遅ればせながらというか、流行に疎い我が家では一等兵が任天堂のDS liteを欲しがっています。仕方なく、散歩がてら近くの家電屋さんに行くと、案の定「完売」の表示・・・・。次に出たらと励ますものの、納得に行かない一等兵は超ブルー状態。なんとか気を持ち直そうと自分でもしているようなので、目に入る漢字を読み始めました。一階は・・・二階は・・・三階はゲーム・・・四階は・・・・五階は「ナマゲフトン・・・」・・・ナマゲ?????そんな布団は気持ち悪くて掛けられないよと怒っていました。よくみると、「生毛布団」。「生もの」+「髪の毛」の読み方をそれぞれ組み合わせたとのことですが、「なまげ」が布団に使われていたら、確かに気持ち悪いことだけは確かです。

d0004574_1311597.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-22 01:31 | 二人の娘

ゆっくりとくつろいだ休日

テレビは野球一色のような一日でした。まるで冬季オリンピックの荒川選手金メダルのときのような・・・。アメリカメディアの反応というのもおもしろかったですね。つぎはサッカーでしょうか。サッカーと野球・・・野球少年だった私としては野球派なのですが、世界大会となるとなぜかサッカーのほうがおもしろいような気がします。今回のWBCは、松井が出なかったり、アメリカの審判の問題もありどうも興味が半減してしまいました。でも、今日はゆっくりと過ごせたので、それだけでよかったです。また明日から、金曜まで三日間がんばります。一等兵は明日が終業式で、春休みだそうです。

d0004574_0194051.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-21 23:59 | エンドレスな日常

散らない桜

夕食は外食でした。デパートの食堂街で和食のバイキング。バイキングは少しずついろいろなものが食べられるのですが、やはり食べ過ぎてしまいます。食後は散歩。屋上には、一足早い電光桜。なかなか奇麗でした。屋上なのでかなりの強風でしたが、もちろん散ることもなくキラキラ光っています。でも桜はやはり散るところがいいのかなぁと、電光桜をみながら再確認した次第です。
d0004574_22443991.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-20 22:44 | DVD感想・ブログの旅

毎朝のこと

月曜日がまた来て、一週間のスタートです。舞鶴から義母が来ていて、子供たちは大喜び。合計四人の祖父母に可愛がられてなんと幸せなことか。私の場合、父方祖父母は面識なし。母方は中学一年のときに祖父を亡くし、母方祖母が一番長生きしたので、記憶に残るのは母方祖母のみです。

写真は、毎朝二等兵を保育園に送るのにマンションの自転車置き場で撮ったものです。マンデーブルーではありますが、ニコニコの二等兵はこの瞬間は癒しのときを与えてくれる貴重な存在となりました。
d0004574_1605425.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-03-20 16:00 | エンドレスな日常