<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

子守の週末と

今日は、一等兵とその友達、そして二等兵の子守サンデーでした。昼から校庭解放へ行き、汗だくで走り回る。そして夕方からはうちに来て第二ラウンド。まあ、時にこんな週末もありでしょう。毎週は絶対できないけど。

七時からは、四万六千日という近くの寺の行事を見学してきました。ちょっとのぞいて来る予定が九時までフルに参加してしまいましたが、いつもは見られない観音様と、大住職のありがたいお話で、ちょっと心が浄化されてような気になりました。でも、毎週説教をしている牧師や神父とちがいあまり法話になれていない私には、とても新鮮でした。一等兵も二時間に渡る行事を飽きずに見続けていました。帰りに出店でスーパーボールすくいとワタ飴を買ってかえりました。
d0004574_2253824.jpg


d0004574_2255496.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-07-09 21:57 | エンドレスな日常

七夕

 保育園でも小学校でも、それぞれ七夕の行事をしたようで、ひらがながかけるようになった二等兵もいろいろと願い事を書いていました。一等兵にいたっては、近所のスーパーやデパートの入り口にも願い事を書いて笹につるしていました。果たしていくつ叶うのでしょうか。
d0004574_11414190.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-07-07 11:38 | 二人の娘

今年一番目の朝顔

 去年小学校から一等兵が持ち帰った朝顔から収穫した種を撒いたのが二週間前のこと。もう2メートルを越える高さにのび、今日一番目の花を咲かせました。眠たい目を擦りながら6時に起きてベランダに出ると、いつもの風景の中にポツンと青い花が咲いていたのですが、この一つの花が我が家のいつもの朝をがらりと変えてしまう力があるのです。いつもなら、「早く起きろ炉、顔洗え、早く食べろ、学校に遅れるぞ・・・・」。怒鳴る方も怒鳴られる方も余裕の無い朝が、たった一つの朝顔が咲いてるだけで、早く目が覚めて、その分食べる時間に余裕ができて、いつもより10分はやく準備が終わるという具合でした。もちろん、いつもの朝の怒号はなし。でも明日はまた、元の木阿弥か。今日だけでも別世界の朝をもちらしてくれた朝顔に感謝しつつ。
d0004574_22302743.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2006-07-06 22:30 | エンドレスな日常

とある人の話  一期一会

 数日前に、知り合いから聞いた話であります。飲みに行き、そこで会った人と意気投合し、それぞれの身の上話を酒屋の片隅でしたらしいのですが、その相手が韓国の女性だったとのこと。なんでも、二ヶ月前に両親が離婚、長女でソウルに出て働いていたけど、給料は最悪で貯金など不可能。友達と半切して借りていた部屋代も滞り気味になり、知り合いが東京で小さな店をしていたので、そこでアルバイトをしながら日本語も勉強しているそうでした。年は22、妹が来年大学進学を控えているので、なんとか大学のお金は出してあげたいとのことでした。東京に来て2ヶ月、ちょっとは慣れたものの故郷が恋しく思うころだったのでしょう。少しは韓国語のできる私のところに、友人が突然の電話をしてきて、上に書いたような状況も分からず、挨拶をしたのですが、何か物寂しげな声でありました。

 民族、国籍、性別、職業、年齢、経済的な階層、言語や文化など、人々を分ける様々な境界線が複雑に絡み合いながらの偶然の出会い、まさに一期一会の出会いだったようです。時代が時代ならば出会うことのない人と、交通・通信の発達した現在では出会うものなのですね。独身の彼は、なぜかそのあとNHKの韓国語テキストを買ったそうです。いつまで続くのかみものですが、「一期一会」という出会いの言葉であると同時に、別れの言葉でもあるこの言葉が、ちょっと好きになりました。
[PR]

by the-third-blog | 2006-07-05 13:54 | その他

42歳最後の日

 明日で43になります。43に何をしなければならないのか、何をすべきなのか、今日の夜ちょっとは考えて見ます。ところで、・・・・今日書きたいのは、蛇の話であります。というのは、今日は午前中は埼玉で、午後からは世田谷での仕事でした。渋谷で田園都市線に乗り換えて駒澤大学前でおり、住宅街を歩いていたのですが、5メートルさきに動く物体が・・・。最初は何か分からず近づいていったら、ななんと蛇でした。長さは2メートルぐらいでしょうか。太さは大したことないのですが、立派な蛇で小さな庭付きの家に入っていきました。こんな都会の住宅街、しかもすごさこには246の国道が走っている場所で蛇に遭遇するとは夢にもおもいませんでした。そして、仕事の帰り道、同じ道を通ると、蛇が侵入した家のご主人がステテコ姿で水をまいていました。気になったので、行きがけにお庭に蛇が入っていったことを伝えると、驚いた表情一つせずに、

 「そうですが、私も昨日隣の家に入るのをみましたよ」
 「それではよくこの当たりは蛇がでるのですか?」
 「ここ4~5年でてなかったのが、先月当たりから出てるみたいですね」とのこと。
  
 何か、その家のご主人の話しぶりでは、蛇が怖いというよりも、何か運を運んでくれる使者のような語りぶりでした。42歳最後の日にみた蛇・・・・私の人生に何か転機でもあるのか・・・そんなことないですね。また平凡な一年を大切に重ねて生きたいとおもいます。

 
[PR]

by the-third-blog | 2006-07-04 20:01 | エンドレスな日常

7月です

 月末からバタバタ忙しく更新ができませんでした。東京は、蒸し暑い日々が続いています。子供たちは、七月から始まった体育の授業での水泳ができると喜んでいますが、私としては暑いのは苦手・・・・このところ夜は除湿にして28℃に設定し寝ています。

 今年の夏の計画。第一にダイエットを続けて高校生時代の体重65キロにする。第二には、家族旅行。第三には、九月に韓国に行く予定です。この三つができれば満点なのですが、韓国行ってダイエットは無理かも知れません。
[PR]

by the-third-blog | 2006-07-03 20:42 | エンドレスな日常