T勝軒の最後の日

 つけめん元祖の店といわれるあのT勝軒が46年の歴史に幕をおろすとのこと。いつも昼時になると数十メートルの列をつくる、所謂「行列のできる店」であったが、再開発のため閉店しました。テレビや新聞のニュースでも取り上げられ、ワンブロックを一周してしまうほどの行列が最終日には見られました。その近所で生まれ育った私は、小学生のときに一度だけ食べたことがありますが、やはり物心ついたころから行列を見続けてきたような記憶があります。昼から夕方までの数時間しか営業せず、店も改装などせずおせいじにも奇麗とは言えない店なのに、それなのに行列は毎日絶えない。移り変わりの激しいラーメン業界でも珍しいほど変わらない店でした。
d0004574_6334558.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-03-21 01:57 | エンドレスな日常

引越し完了したものの

 引越しは予定通りに3月2日に終わりました。しかし、翌々日の4日は二等兵からのもらったインフルエンザAにやられて寝込み高熱でうなされました。150箱以上のダンボール箱の荷解き作業は、新居での希望を砕き、毎日が悪夢のようでありました。二週間たった今も完全に荷解きが完了していません。五年前の引越しのときから荷解きされていない箱も3箱ほどありました。その内訳は、食器一箱、子供の玩具と服で一箱、もろもろのモノが詰まっている箱が一箱でありました。五年前は三人家族で、今回は四人家族であったので、家財が増えたのも事実ですが、子供のおもちゃと服が意外と多く、モノを買うときはモノをまず捨ててからでないと、限られた収納スペースからすぐにモノはあふれ出します。狭い物置と床下収納がなくなったため、結局収納不能となったものが出てきてしまいました。「もったいない」とはおもいつつ、使えるものは知り合いにもらってもらったりしましたが、それでも仕方なく処分するものもいくつかありました。そんなに無駄遣いをしているとは思わないのですが、塵も積もれば・・・というやつで、物持ちのいい(またはけち臭い)我が家では、思い切りのいいママさんが「処分係り」として活躍してくれました。引越し費用はジャスト10万。前回は今回より荷物が少ないのに12万だった・・・。またN
通さんの見積もりが25万だったのに、少々マイナーなA社の営業は10万を提示してきたので即決でA社にしました。引越しの代金は一体どのように決まるのか、これも不思議であります。

 もう少し落ち着いたら、今回の引越し騒動をまとめてアップいたします。新居は30階なので眺めはいいのですが、洗濯物や強風、寒さなどの点においては以前の10階暮らしの方がよかった気がしています。まあ、新居での暮らしに慣れるまではまだ時間がしばらくかかりそうであります。

d0004574_2383479.jpg


More
[PR]

by the-third-blog | 2007-03-20 02:50

明日引越しで・・・

 明日引越しです。この12日間、私の生活はほぼその準備にとられました。一週間前に、二等兵が嘔吐下痢症気味になり、予定が少々遅れてた事以外は順調でしたが、再度二等兵が昨日から発熱。インフルエンザかとおもいましたが、病院にいったのが発熱から六時間ちょいだったので反応無し・・・・。でも40度近い二等兵を看病しながらの荷造りはなかなか捗りません。そうこうしているうちに、150箱もらったダンボールを使い果たし、どうしたらよいものか・・・。まあ、明日引越し屋さんにできるだけ運んでもらい、小物類はこちらで週末に運ぶ以外ありません。少しずつ、梱包作業をしてきましたが、引越し前一週間まで必要なもの、前日まで必要なもの、梱包はできないもの・・・必需品とは何か荷造りをしながらいろいろ考えさせられました。前の記事でも触れたように、家財の95%が箱詰めされても、基本的な生活は可能です。一週間分の衣類、食器類、それに必要最低限の食料と医薬品の他には、やはり携帯とPCと貴重品などは箱詰めできず、明日自分で運びます。でも、今回の引越しで衣類を中心にかなりの家財を処分しましたが、四人家族の標準的な家財の量というものはかなりのものであることが身にしみて分かりました。

 それでは明日から新居での生活ですが、落ち着いたら少しずつ書いていきます。でも引越しが終わったら、荷解き作業がまっています。憂鬱な3月初日でありました。
[PR]

by the-third-blog | 2007-03-01 23:44 | エンドレスな日常