足裏痛

 先週、暑い日がつついてクーラーを2日ばかり除湿にしてかけて寝て以来、朝起きると足の裏が痛くて5分くらいは歩くのも大変です。10分もすれば傷みは和らぎ30分もするとほぼ傷みは無くなり、出勤することにはなんともなくなります。そんな症状が続いて一週間、少しずつ改善しつつはあるものの、痛みは消えることがありません。

 ネットで「足裏痛」で検索してみると、意外にもヒットするのですね・・・・。でも自分の症状を説明してくれるものはなく、ちょっと困っています。単なる運動不足と体重オーバーが原因ならいいのですが、メタボ気味な私は何か良からぬ兆候ではないかと勘ぐってしまいます。
d0004574_2212131.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-26 21:49 | エンドレスな日常

見下ろせば・・・

 再開発の土地に立っている今のマンションの横では、第二開発が先々月から始まり、ほぼその土地にあった家屋が取り壊されて平地になろうとしています。二三階家屋ならアームの長い重機であっという間に解体するのは勿論のこと、10階建て以上のものも、小さいブルドーザのような重機が屋上からドンドン壊し、アームのとどく階数になればあとは瞬く間に壊されてしまいます。再開発の対象となっている地区は、私が小さい頃は細い路地が入り組む、余所者には迷路のようなところですが、開発後は53階の高層マンションへと変身して、道も新たに作られますが、勿論直線の大きな道路であります。防災などの観点からすれば、いいのかも知れませんが、やはり43歳の青二才の目からみると味気ない小奇麗な店が立ち並ぶのは駅前だけでいいような気がします。高層マンションの良し悪しはあるでしょうが、そもそも何のための誰のための利便性、安全性なのか、開発の現場を毎日みながらあれこれ考えてしまいます。
d0004574_2037115.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-25 20:37 | エンドレスな日常

梅雨明けでしょうか

 今日はまるで梅雨明けを思わせるような、ぎらぎら太陽の照りつけた一日でした。通勤途中でみかける紫陽花もその色が褪せて、ちょっと可愛そうな感じさえします。明日はちょっとはおしめりがあるようなので紫陽花も少しは輝きを取り戻してくれるかもしれませんね。

 この週末は、中学の頃から30年来の知り合いのアメリカ人とweb-cameraでライブトークを楽しみました。今年、63歳になる彼女はあと定年までの二年をどう乗り切るか語ってくれました。喉頭がんの夫をかかえ、二人の子供は独立してノースダコタ州とテキサス州にそれぞれ家族をもち、あとは悠々自適とまではいかないまでもガーデニング、教会のボランティア活動、ドライブなどを楽しみたいとのことでした。シアトルの豊かな自然の中で羨ましいそうに見えましたが、実際はここ10年くらいの間に治安がものすごく悪くなってきていて、その点で現在の家を売り払い、そのお金で郊外に広い土地付きの家を購入するかも知れないといっていました。どのようなものが定年後の理想的な生活、人生かは人それぞれでありますが、65まで働けば残りの人生の目処がついているところは、羨ましくおもえます。
[PR]

by the-third-blog | 2007-06-23 21:43 | エンドレスな日常

夏至・・・・熱い夏の夜をどう乗り切れば

 今年の夏至は雨となり、一年で一番の昼の長さを実感できずちょっと残念ではありましたが、ようやく梅雨らしくなってきたことが感じられた一日ではありました。紫陽花の色もやはり雨に映えるようで、強い日照りだとちょっとかわいそうでした。

 ここ数日暑い日が続いた東京であったため、我が家ではクーラー(除湿で)のコンセントをさしこみonにして寝たのですが、これが体によくなかったようで、一等兵は腹痛、相方は頭痛、私は足がむくみ歩くと傷みが・・・。元気なのはなぜか二等兵のみなのですが、二等兵は寝相がとてもよく掛け布団を一切掛けず腹丸出しなのに・・・。熱い夏の夜、クーラーに頼らないいい方法はないでしょうか。
[PR]

by the-third-blog | 2007-06-22 23:13 | エンドレスな日常

今日の富士山

 雲一つ無い青空の広がる今日の東京の空です。筑波山も富士山も地平線にくっきりと見えています。日向に出ると夏おもわせる日差しですが、湿度は低くその分凌ぎやすいので、本当に100点満点の天気と言った感じです。

 今日は一等兵の小学校で音楽会なるものがあったので、いつもの週末とはちょっと違うものでしたが、一番違ったのは一等兵が近くに住むK君をマンションにつれてきて、一緒にあそんだことでしょうか。女の子の友達はこれまでにも何人か見ましたが、男の子は初めて。ボーイフレンド?とからかうと、そんなんじゃないよと照れていました。

d0004574_1655261.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-16 16:55 | エンドレスな日常

今日の朝顔

 梅雨に入った東京は夏のような日差しの一日でした。でも、湿気がないぶん凌ぎやすい一日でもありました。特に変わったことも無く、いつものようにちょっと早起きして、仕事に行き、仕事をして、ちょっと早い帰宅。子供を迎えに行き、今日の夕食は私が担当。冷蔵庫にあるものをちょちょっと使って適当に食べさせて、今はPCの前に座って一週間の疲れを一人癒しております。

 さて、今日のお写真はと悩んだあげく、夕方実家でとった朝顔。一週間前は私の背丈ぐらいだったのにもう2mを越えていました。葉も手のひらサイズにまで成長してきたので、日の光をたっぷりと浴びて更に成長を加速させていくことでしょう。

d0004574_21502421.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-15 21:50 | エンドレスな日常

木曜日はこんなところへ

 毎週木曜日はこんな電車になって仕事に行きます。見る人がみれば分かるローカル線です。20分乗るだけなのに530円。でも、この電車に乗るようになってから、電車もこのくらいのスピードの方が景色をしっかり楽しめていいと思うようになりました。でも、パソコンというか、エキサイトブログの重くて遅いのはイライラして嫌ですね。

d0004574_2240873.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-14 22:40 | エンドレスな日常

30年目のサボテン、今年も咲きました

  五月から六月にかけて、この30年間咲いているのが、昨年も紹介した我が家のサボテン(2006/6/20、または2005/6/12)。今年はちょっと遅めの開花でしたが、日が昇ると開き、夕方には花を閉じます。1㎝ほどの小さなサボテンが今では、子・孫・ひ孫・玄孫・玄孫の子と六世代(もしかしたら私が日本にいない間に数えていない世代があるかもしれませんが)になりました。途中、増えすぎて知り合いのところに贈られたものもあります。昨年も書いた通り、このサボテンとの出会いは中学二年のときで、その時にはまさか自分小学三年生と保育園の娘に、その花を見せられるとは想像もつきませんでした。もしかしたら、孫にも見せられるかもしれませんね。まだ数十年後のことですが・・・それでもこのサボテンとは長い付き合いであります。


 
d0004574_21283931.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-11 21:27 | エンドレスな日常

大荒れの天気

 昨日はなんとか持ちこたえた天気もさすがに今日は朝から雨雲が・・・。時折横殴りの激しいあめになったかとおもうと、小雨になったり、明るくなったかとおもうと低い雨雲が出てきたりで大荒れの東京です。今はちょっとは落ち着いていますが、いつまた大雨になるか分かりません。
そんなとき便利なのが下のサイト。どのあたりで激しく降っているのか分かります。http://tokyo-ame.jwa.or.jp/



d0004574_13154241.jpg


d0004574_2143916.jpg



 このサイトを見ていて勉強になったのが雨の強さを表す数種の英単語でした。
 Bitter Fierce Rain/ Fierce Rain/ Heavy Rain/ Silghtly Heavy Rain/Average Rain/ Light Rain

 この六段階に雨の強さが設定されているようです。

それぞれ日本語では
[PR]

by the-third-blog | 2007-06-10 13:11 | エンドレスな日常

この人は誰でしょう

 よくこのブログを訪ねてくれるMさんが好きな女優さんがショートヘアーになったといニュースが韓国関係のサイトであったので、見てみたら確かにバッサリとショートに。女性は髪形一つでこんなにも変わるのですね。
d0004574_2251847.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2007-06-09 23:16 | DVD感想・ブログの旅