震災から一カ月

もう一カ月が経ちますが、この一カ月はこれまでに経験した事の無い、出来事の連続でありました。大地震と津波、原発事故と放射能汚染、計画停電など、、、、。母方の親戚が、南三陸町の志津川に多く暮していたため、他人事ではなく、行方の分からないおじとおばがいます。大切な人、 モノ全てが一瞬にして流され、家族、友人、近所、職場、町が消えてしまったと、数日後の電話での話でした。病院しか残っていないとの言葉を疑っていた私も数日後のテレビに映し出された町をみて絶句しました。また、先週まで被災地にいた親戚に会い、車から写した写真を見せてもらいましたが、すべて瓦礫の山でした。まるで同じところだけを写しているかのように、行けども行けども津波で流された家々の残骸が続き60枚の写真でした。その親戚の人は、小学生の時にチリ津波も経験していて、私が小さい時に、その話をよくしてくれました。私にとって津波とは、彼の話すチリ津波のことでありましたが、その彼をしても、今回の津波は形容し難い、言葉が見つからない、写真を無我夢中でとったものの、どう言う風に言葉で説明していいのか分からないとのことでした。

更に、続いているのが、原発事故と放射能汚染。昨日のラヂオでは廃炉までのロードマップは10~15年。私が還暦、子供たちも家庭を持ち、じいさんになっているかも知れません。

そして、今日は都知事選挙この危機と通して感じるクニ、ニホン、トウキョウ、、、、、。何が変わり、何が変わらないのか。私も残りの人生、何ができるのか。何を変え、何を変えられないか。また、少しずつでも、ブログで書いれいくつもりです。
[PR]

# by the-third-blog | 2011-04-10 13:25 | 社会の出来事

受験の季節

二月三日.....受験生たちの姿が目立つ季節が今年も来ました。近所のT校の前には、予備校関係者たちがカイロやハチマキ、鉛筆、ケシゴムまで準備して待ち構えていました。35年前、この私も人生初めての受験をしました。とは言っても、僅か一ヶ月の突貫工事だつたのに、意外にも合格。中高一貫教育と言うものでしたが、35年経って長女が受験。私と比べものに成らない勉強量でしたが、残念無念の桜散る。人生初めての挫折感を味わった昨晩は泣いていました。中学受験に成功した私も大学受験は二浪。その話しをしたら少しは落ち着いたようで、朝には笑顔を見せてくれました。多分、合格者は更なる競争の中で揉まれ、残念無念組は高校受験、大学受験でリベンジを誓うのでしょうか。成功と失敗、再チャレンジ、、、、色々な生き方があるはずなのにどうも線路から外れるのが怖いのか、生きる幅みたいなもの、世間にはまだまだ一杯あるはずなのですが、すぐいぞと感じて、そのすごさが感染して、憑依して乗り移ってしまうような経験が痩せ細っていくようでもあります
[PR]

# by the-third-blog | 2011-02-03 10:21 | 二人の娘

受験の季節

二月三日.....受験生たちの姿が目立つ季節が今年も来ました。近所のT校の前には、予備校関係者たちがカイロやハチマキ、鉛筆、ケシゴムまで準備して待ち構えていました。35年前、この私も人生初めての受験をしました。とは言っても、僅か一ヶ月の突貫工事だつたのに、意外にも合格。中高一貫教育と言うものでしたが、35年経って長女が受験。私と比べものに成らない勉強量でしたが、残念無念の桜散る。人生初めての挫折感を味わった昨晩は泣いていました。中学受験に成功した私も大学受験は二浪。その話しをしたら少しは落ち着いたようで、朝には笑顔を見せてくれました。多分、合格者は更なる競争の中で揉まれ、残念無念組は高校受験、大学受験でリベンジを誓うのでしょうか。成功と失敗、再チャレンジ、、、、色々な生き方があるはずなのにどうも線路から外れるのが怖いのか、生きる幅みたいなもの、世間にはまだまだ一杯あるはずなのですが、すぐいぞと感じて、そのすごさが感染して、憑依して乗り移ってしまうような経験が痩せ細っていくようでもあります
[PR]

# by the-third-blog | 2011-02-03 10:21 | 二人の娘

ようやく年明け

もう年明けから22日たつというのに、ようやく更新のこのブログでありますが、訪問者の方々、今年もよろしくお願いします。

年末年始は個人的にいろいろと忙しく過ごしたのですが、昨年は目標であった10キロダイエットはなんとかクリアー、更に今年はもう10キロ減らしたいところですが・・・・正月太りもあり、リバンドしないようにしないとなりません。

少しくらい給料がさがって、生活が慎ましいものであったとしても、健康でいろことがいちばんでしょう。今年も先ずは健康に留意して、そのうえで一日一日を充実したものにしていきたいとおもいます。というのも、年明けからアメリカの友人が、余命一二年であるという知らせが来たり、韓国の友人もタクシーに搭乗中に追突事故にあい、入院中とのメールが来たりと、身近な人々が大変な日々を送っているからであります。

皆様にとってこの一年が安らかな一年でありますように
[PR]

# by the-third-blog | 2011-01-22 14:31 | エンドレスな日常

今年もあと二週間

水曜日は横浜の方に毎週仕事に行くのですが、今年は来週はお休みということで今日が年内の最終日でありました。「よいお年をお迎えください」との挨拶を耳にして、あと二週間ということに気づく私。毎年のことではありますが、一年はすぐに過ぎてしまいます。それでも細かくみていくと、これまでの人生になかったことも。

 我が家におけるベストテンニュースをカウントダウンしていくと、まず第十位

 10. ルンバが来た       お掃除おまかせ
  9. 子供部屋にベッド     二段ベッド
  8. 夏の海組会        もう10年越える付き合いの輪
  7. すごろく屋との出会い  またはボードゲームにはまる
  6. 4年ぶりに韓国へ     変わる韓国の風景
  5. 体重を大学時代に戻す 20年ぶりの69kg
  4. 父が53年間続けた製麺工場を閉じる   尊敬と感謝
  3. 年間3000km突破  毎日のマラソンが一年間続く 
  2. ワードバスケット大会出場  奇跡の語彙力
  1. 家族全員が健康で過ごせたこと


  一位については、まだ年末までにゆっくり考えますが、ゆっくりと振り返ってみるとそれなりに充実した一年でありました。番外というか、悲しいニュースとしては32才の若さで他界した従兄弟がいます。二位のワードバスケット大会は実質的には一位であります。今年は家族、および個人でもいろいろな出会いがありました。やはり人と人とのつながりは大切にしたいと痛感した一年でもあります。

それでは残り二週間皆様も健康には気をつけてお過ごしください。



  
[PR]

# by the-third-blog | 2010-12-15 21:02 | エンドレスな日常

どうなるのか

朝鮮半島情勢がまた不安定になってきたようであります。韓国に友人がいるものとしては、この種の事件がおきると心配が倍増します。潜水艦に続き、この回の事件ですので、当分緊張感は続くでしょうが、友人からくるメールは必ずしもこちらの緊張感とは別次元。外から見ている風景と、そこで生きる人々の見方は違うのは分かりますが、どうもメディアに一点に集中するので切り取られたニュースと、切り離された日常生活は、現地ではつながっているものの、こちらでは日常生活を切り落として見るので、いつもどのあたりに焦点をあわせてみたらいいのか、考えてしまいます。
[PR]

# by the-third-blog | 2010-11-24 00:09 | 社会の出来事

一年のご無沙汰です

あまりにも長い間放置したままのこのブログ。いっそのこと止めたほうがいいかもと思いましたが、またノラリクラリと再開します。
[PR]

# by the-third-blog | 2010-11-20 20:22 | エンドレスな日常

金婚式、傘寿と喜寿

  今年父が80、母が77歳で、かつ結婚50年の金婚式。兄家族と私のところと両親で鎌倉に一泊2日の旅行をしました。父が小学生時代を過ごし、旧友がいる思い出の場所ということで、我家では何かというと鎌倉であります。80歳、金婚式といっても、まだ現役で働いている父であります。ただこの日だけは、久しぶりに一同が会し、特に四人の孫たちに囲まれての金婚式+誕生日は幸せそうでありました。息子としても、ちょっとした親孝行が出来てほっとした次第です。

  通常の誕生日だけならば、プレゼントとバースデイケーキを準備すればいいのですが、今回は金婚式とほぼ重なり、というのは父は誕生日の一週間前に挙式しているためなのですが、金婚式のプレゼントに困りました。困ったときにはネットで調べる・・・・でもどこも同じようなものが多くて・・・・。そこで今回は、父の父、つまり私の祖父母(明治14年生まれ)の時代からの写真を四代にわたるフォトブックを作ることにしました。さすがに戦前の写真は少ないのですが、大正9(1921)年に生まれた父の姉の誕生記念にとったものから始まり、現在にいたるまでの写真から150枚を選び、フォトブックにしてプレゼントしました。作り方はさほど難しくないのですが、手間がかかるのはまず写真の海の中から150枚を搾り出す作業。更にそのキャプション付けで、兄妹、親戚の多い世代の人たちは、戦後生まれの私の年になると、半分は判別不可能。プリントアウトされた白黒写真やカラー写真は一度スキャナでスキャンするわけですが、奇麗な画像にしようと細かいドットに設定すると、一枚スキャンするのに数分・・・・。デジタル写真全盛の昨今ですが、たかがここ10年ですので、全体の1/4ぐらいしかデジタル写真は使いませんでした。でも、戦前の写真は傷みがひどく、ここでデシタル処理して保存しておかないと、色も褪せていくし、写真自体がボロボロになってしまいそうなものもありました。

  4世代、120年の我家の歴史が一冊の冊子として出来上がってきたのが、旅行の前日。両親だけでなく、子供たちもニコニコしながら見ていてくれたので、苦労が報われました。ただ、一週間の突貫工事で作ったようなフォトブック、やはり誤字はあるし、中央の折り返しで顔がつぶれてしまったのもあり、次回はもっといいものにしたいとおもっています。そうなると、両親にはもっと長生きしてもらわないとなりませんね。

  フォトブックに関心のある方は、http://www.photoback.jp/home.aspxにアクセスしてみてください。他にも、富士フィルムサイトhttp://fujifilm.jp/personal/print/photobook/index.htmlで同様のサービスがあるようです。
[PR]

# by the-third-blog | 2009-10-08 12:16 | 家族点描

スカイトゥリー、または東京第二タワー

  我家のベランダからも、その姿が見えてきました。東京タワーよりも近いからか、150mぐらいしか建っていないのに、土台部分とクレーンがしっかり見えます。2年後がたのしみであります。が・・・・・なんと、父いわく我がマンションの前に40階マンションの計画があるとのこと。話だけで、具体的にいつからとかいうものではないものの、再開発と抱き合わせで築30年の古いマンションと隣の空き地を利用し、高層マンションを建てる計画のようです。せっかく、東京タワーと第二タワーが見えるベランダからの風景が・・・・・また引っ越すか・・・・。

d0004574_1483986.jpg

[PR]

# by the-third-blog | 2009-09-14 14:08 | エンドレスな日常

週末の娘たち

  一等兵と二等兵は、普段の生活はインドアー派なのですが、なぜかお祭り好き。肩が痛い痛いといいながら神輿をかつぐ五年生の一等兵、まだ二年生なので山車を引くことしか許されない二等兵ですが、土日両日ともずっとお祭り状態でした。ということて゜、本当に静かな週末で、日曜の朝は久しぶりに夫婦2人でモーニングを食べに出たくらいでありました。
[PR]

# by the-third-blog | 2009-09-13 13:39 | 二人の娘

献血ならず

  先日、小学校から帰ってきた二等兵がマンション下に救急車がきているというので、のぞいて見ると救急車ではなく献血車でありました。高校一年のときから10回ちかくしているものの、ここ数年していないことに気付き、たまには社会貢献しようと行ってきました。

  前回のデータが残っていて平成12年にしているとのこと。14年にもしようとしたが、血液の値がよくなくて採血できなかったとのこと。もうわたしの記憶にはそんなことは残っていませんでした。献血カードを再発行してもらい、問診を受けて、採血テスト。血液の比重の数値は15でクリアーでしたが、ALT値が79.8が出てしまいました。60以下にならないと採血はできないとのことでした。さて、このALTなのですが、肝機能に問題があるとのことで、飲酒をほとんどしない私の場合の原因は肥満とのこと。確かにここ一ヶ月ほとんど運動らしい運動はしていないと、4kgまた増えていました。所謂、脂肪肝とのことでその行き着く先は肝硬変などもあるとのこと。まあ肝硬変の場合は、この数値が三桁になるので予備軍ということでしたようか。一ヶ月の食事療法と運動で正常値になるから、低カロリーの食事と適当な運動を心がけよとのありがたきアドバイスを頂きました。

  やはり外部から強制的にこのような力が働かないと動かない私の性格ですので、年内またまたダイエットをして、正常値と標準体重を手に入れたいとおもいます。
[PR]

# by the-third-blog | 2009-09-08 18:00 | その他

新しいテーブルに・・・

  九月も二週目に。今日は水道橋まで自転車で行き、テーブルマットを買ってきました。結婚してから使っている我家の食卓ですが、流石に14年目になるとあちらこちらに傷が目立ち始めました。そろそろ新しい食卓に買い替えようとおもうのですが、たとえ14年ではあれ我が家の歴史を象徴するものなので、これまでも買い替えの話が出ては消え出ては消えの状態でした。そこで補修しようということになり、表面を奇麗にしてから、ペイントし、ニスで仕上げ、2mm厚の透明のテーブルマットをしきました。日曜日の夜9/6に塗り、翌日二度塗り、乾くのに24時間かかるので結局三日がかりで、¥7000の補修作業となりました。まあ、素人仕事なので細かいところにミスはありますか゜、それもご愛嬌で。
[PR]

# by the-third-blog | 2009-09-08 17:19 | エンドレスな日常

民主党か、酒井のり子か・・・・

  九月に入ってからのテレビはどこもネタは一緒のようで、民主党政権のマニュフェストをいろいろな角度から検証する番組か、酒井のり子がいつ保釈されるかという番組かのようです。テレビがつまらないと、DVDを借りてくるというのが我家のパターンですが、九月は『24』も『ヒーローズ』もあり、逆にテレビをみている暇はあまりなさそうであります。民主党といえば、子供関係の補助金・・・我家は2人のちびっ子がいるので、月々5万のプラスは結構大きいです。もともと共稼ぎなので、妻は扶養には入っていないし、このプラスは貴重ですが、多分住宅ローンの早期返済へと振り向けられることでしょう。

  
[PR]

# by the-third-blog | 2009-09-05 13:43 | エンドレスな日常

夏休み最終日

 都内の小学校は、二学期の始まりがまちまちのようで、ちびっ子が通っている小学校は8/27か゜始業式でした。そのため、夏休み最後の記念にお台場へと。久しぶりにのったユリカモメは思ったよりも快適でした。ただ
、お台場に行きたかったのは子供ではなく母親。ガンダム見たさに付き合わされた家族でありました。

 帰りは池袋に出たら、池袋の西口では鳩山民主党が、東口では麻生自由党が選挙最後の演説ですごい人だかりでありました。民主優勢とのことですが、どうなることやら結果が楽しみです。

 
d0004574_2040364.jpg

[PR]

# by the-third-blog | 2009-08-29 20:40 | 家族点描

夏恒例の祭り

  夏恒例の祭りといえば、我家の場合は大塚の阿波踊りとなります。もう今年で37回目とのこと・・・・。高円寺阿波踊りよりは歴史はないものの、本場以外のところに移植されたお祭りとしては、それなりの歴史になりつつあるようです。この祭りを見るたびに、伝統文化って何???と考えてしまうのですが、そもそも文化とか、地域とか、似合いそうもない都市の中に添え木されたかのような祭りが37年も続くのですから。

d0004574_210297.jpg

[PR]

# by the-third-blog | 2009-08-26 21:00 | 家族点描

いざ聘珍樓へ

 先日、結婚14年目でありました。だからというわけでもないのですが、お返しにもらったグルメ券が聘珍樓のコース料理の招待券だったので、5年ぶりぐらいになりますが、食べに行ってきました。ただ、価格と味があまり・・・・というよりは、普段からあまり高額料理に慣れていないため、デザートのマンゴープリンと杏仁豆腐を除いてはあまり盛り上がりませんでした。やはり、食べなれたものが一番ということを再確認いたしました。

d0004574_13532615.jpg

[PR]

# by the-third-blog | 2009-08-24 13:53 | 衣食住

今年の朝顔

 このブログでは、毎年取り上げられてきた朝顔ですが、実は今年は巻く時期を逸してしまいました。が、先日二年生になった二等兵が、どこからかもってきた種を蒔いてしまいました。時期が時期だけにちょっと育つかどうか心配でありますが、何とか来年につなげられる種が収穫できればとおもいます。

d0004574_13444244.jpg

[PR]

# by the-third-blog | 2009-08-22 13:44 | 家族点描

リボルーショナリー・ロード

  デカプリオの作品を久しぶりに見ました。ネット上での評判はあまりよくなかったのですが、私にはとても深良い映画でした。多分、夫婦生活をどのくらい、どのようにしているかで見方がかなり変わってくる映画だと思います。多分、私も30歳前後でみたら「深良い映画」などとはかんじていなかったとおもいます。夫婦関係、夫婦間関係、隣人関係、仕事と家庭、理想と現実など、映画の中の世界ではあるもののどこかこちらの世界とのつながりがある点がよかったとおもうのですが、最終的にハッピーエンドではない展開があまり受け入れられなかったのかもしれません。でも、「人生の中間点」あたりの人には、いい映画に見えるのでは・・・。



d0004574_1341476.jpg

[PR]

# by the-third-blog | 2009-08-21 13:27 | DVD感想・ブログの旅

9.58秒、または100m=41歩の世界

  100mを9.58秒で走るなんて・・・・・北京オリンピックのときは余裕で9.69だったから、もう少しは早いタイムが出るとはおもっていたものの、すご過ぎます。隣を走ったタイソン・ゲイも9.71とアメリカ記録を出したものの、それが霞んでしまう記録であります。2人の違いは、素人からみるとコンパスの違いのようにも見えました。同じ回転をしても一歩一歩の数センチが0.13秒の差をつくってしまったように見えましたが、コンパスの長いものを同じ回転させること自体が、やはり世界一なのでしょう。ちなみに、100mを41歩で走っているそうで、単純計算では一歩が2.44ぐらい。あんなに速く回転していると同時に、2.45m走っている・・・超人しかできません。カールルイスとかベンソンとか、10秒を切ることが神の世界のように言われていたのが、神の世界にいないと決勝戦にも出られないなんて・・・。

でもゲイがレース後のインタビューで「レースに負けて失望しているが、ベストを出せた。不満はない。ボルトが世界記録を更新できたのはうれしく思う」というところには、敗者の美学のようなものを感じました。
[PR]

# by the-third-blog | 2009-08-17 14:55 | 社会の出来事

『ベンジャミンバトン 数奇な人生』

  長い映画でした。展開の速さという点では『24』と対極にあるような映画でしたが、「見せる力」という点では上回っていたような気がします。80才で生まれて次第に若くなっていくという設定・・・・つまり老人として生まれ、赤ん坊として死す。老人養護施設で育てられ、小さい頃にであった女性とお互いが40歳くらいで結婚するものの、子供ができたあとに家を去り、その後少年の姿になったときに発見されて、最後は年老いた妻の胸の中で赤ん坊として死ぬというものですが、私の中では2009年上半期一位の映画でした。お時間のある方には是非お勧めします。

 
d0004574_15393029.jpg

[PR]

# by the-third-blog | 2009-08-14 15:24 | DVD感想・ブログの旅