name、イルム、なまえ、名前、韓国語読み本名、日本語読み本名、通名

先日ちょっとしたブログの旅をしていました。在日コリアンの方で名前をめぐる話に書き込みがたくさん。そもそもは、息子さんに自転車を買ってあげた際に防犯登録で、名前をいうときの出来事が発端。四世の息子さんを本名で子育てされていたことは知っていたので、特にその記事自体については読み流していたら、その記事へのコメントで「これ何」と立ち止まりました。在日コリアンを対象としたドキュメンタリーなどでよく「本名宣言」とされる場面があるので、ちょっとした知識はあるつもりでしたが、あまりに過剰で過敏なコメントに唖然としてしまいました。ブログの管理人の方も少々困惑されていた様子。その過剰で過敏なコメントの内容には深入りしませんが、個人的なものだけなのかどうか・・・。嫌韓・反韓だけでどこまで説明できるのか・・・・。そんなことを考えていたら、韓国留学中の人のブログの中に「日本人謝絶」の貼り紙の写真を目にしました。両者に共通点がありましたという報告ではないのですが、マジョリティがマジョリティの「当たり前」を疑い始め、自省する、他者の視点なり意見に対して対話が可能になるというのは、どのようなときになのか考えてしまいましたが、やはりまだ文字にできません。
[PR]

by the-third-blog | 2005-05-03 05:18 | 仕事関係