片道三時間の通勤の中で

木曜日はいつもの中央線の遠出です。朝、銀行で入金してから行こうとおもったら、ATMが不調で札が正しく入金されず、結局はタイムアウトで通帳を預ける羽目に。急いで駅に走り、電車に乗ったら、またまた人身事故・・・・。最近、一週間に数回人身事故のため・・・・というアナウスを聞いているような気がします。二つのアクシデントがありましたが、なんとか目的地まで定刻につくことができました。毎日、毎週時計のように同じ道を循環しているような感じですが、「同じ」ではないはずです。が、マンネリ化したて「同じはずでないものが同じようにみえてしまう」のはなぜなのでしょうか。以前、哲学者の竹田青嗣さんの本で「毎日聞いていた大好きな曲が突然違う曲に聞こえて・・・」というような内容のことが書かれていたのを思い出しましたが、未だに答がみえてきません。
 そんなことを思いつつ、撮った車窓からの写真です。
d0004574_22472399.jpg

d0004574_2248059.jpg

d0004574_22482183.jpg





d0004574_22483796.jpg


d0004574_22485220.jpg
[PR]

by the-third-blog | 2005-05-26 22:48 | 仕事関係