暑かった六月初日

テレビでは貴乃花のお通夜関係のニュース。電車で前に座った人が広げたスポーツ新聞も同じニュース。一時代を作った貴乃花の業績をたたえるものから、晩年の淋しいげな様子を伝えるものまでいろいろでした。1963生まれの私にとって、相撲というと横綱輪島が記憶の最初に出てくる。そして、千代の富士、曙、若貴、武蔵丸、そして現在の朝青龍という感じだが、何か相撲をめぐるイメージ・位置づけのようなものが他の運動競技とくらべて落ち着かない。スポーツでありながらショービジネス化しきれないところ。変に伝統を背負ったところ。天皇が毎年定期的に観戦するスポーツというのも相撲ぐらいなのだろうか。貴乃花親子と長島親子、野村親子親子とスポーツ・・・・ニュースをみていて、こんなにいろいろなことを考えさせるお通夜の風景もはじめてだ。

 今日は、午前中のお仕事はなし。午後から二コマこなして帰宅。子供を風呂に入れて、夕飯食べさせて、洗濯ものたたんで、布団敷いて、これから寝かせます。いつもの水曜日でした。
[PR]

by the-third-blog | 2005-06-01 22:05 | 仕事関係