keep your powder dry

 どこかで聞いた英語の格言です。直訳すると、火薬をしめらせるな、つまり万一に備えておきなさいということらしいです。大学の頃に、アメリカ人人類学者のマーガレットミードがこのタイトルの本を出していたような気もします・・・。そんなことはそっちに置いておいて、何か私が醸し出す印象はpowderがしめっているとおもえたらしく、知り合いの韓国人から言われました。私からすると、その人のpowderも乾いているとはおもえないのですが、私がそう思う人の目からみて私の火薬はwetに映るということは、やばいとおもい、しぶしぶアドバイスとして素直に聞くことにしました。ただ、話を聞いているとどうもスポ根もののような口調になり、人間くやしさがなくなたら終わりだとか、目標を見失ってはいけないとか、種火が消えたら死んでいるのも同然だとか、聞いていて比喩の使い方には気をつけようとおもいました。

 そんな小言から始まった仕事場での一日でしたが、相方が一等兵の授業参観にいってきました。私は土曜日に行く予定ではありますが、あまり関心はありません。子供の頃もあまり親が学校に来るのは好きではない方でしたから。とりあえず、相方が撮った写真を載せておきます。

d0004574_22505256.jpg
 
[PR]

by the-third-blog | 2005-06-07 22:52 | 仕事関係