雲と川と空気の流れを感じた

今日は子供二人と隅田川の遊歩道を小一時間歩きました。遊覧船は満員で、なんでわざわざそんな満員の船に乗るのが楽しいのか、それより遊歩道で見ていた方が・・・とおもいながらも、子供と一緒に船に向かって手を振っていました。川鵜のような鳥がいたり、タンポポに息を吹きかけてとばしたり、何かいつもと違う時間が流れていました。そんな風景の中に突然、金色の雲か◎◎◎の形をした物体が目にはいりました。アサヒビール本社の屋上にあるオブジェです。それをみて子供達もよろこび、結局は22階のカフェで一休み。眺めも良く、サンドイッチをおいしくいただきました。二時からは、上野でママさんの仕事があり、それに合流。ところが人の波、人の多さにはびっくり。保育園の友達に会った二等兵は上機嫌。ここでも恐竜の展示をしている博物館には長蛇の列。人混みは避けて、バスで帰宅。さあ、あと二日。何をしようか。
d0004574_22374945.jpg
d0004574_22404558.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-05-03 22:36 | 二人の娘

name、イルム、なまえ、名前、韓国語読み本名、日本語読み本名、通名

先日ちょっとしたブログの旅をしていました。在日コリアンの方で名前をめぐる話に書き込みがたくさん。そもそもは、息子さんに自転車を買ってあげた際に防犯登録で、名前をいうときの出来事が発端。四世の息子さんを本名で子育てされていたことは知っていたので、特にその記事自体については読み流していたら、その記事へのコメントで「これ何」と立ち止まりました。在日コリアンを対象としたドキュメンタリーなどでよく「本名宣言」とされる場面があるので、ちょっとした知識はあるつもりでしたが、あまりに過剰で過敏なコメントに唖然としてしまいました。ブログの管理人の方も少々困惑されていた様子。その過剰で過敏なコメントの内容には深入りしませんが、個人的なものだけなのかどうか・・・。嫌韓・反韓だけでどこまで説明できるのか・・・・。そんなことを考えていたら、韓国留学中の人のブログの中に「日本人謝絶」の貼り紙の写真を目にしました。両者に共通点がありましたという報告ではないのですが、マジョリティがマジョリティの「当たり前」を疑い始め、自省する、他者の視点なり意見に対して対話が可能になるというのは、どのようなときになのか考えてしまいましたが、やはりまだ文字にできません。
[PR]

by the-third-blog | 2005-05-03 05:18 | 仕事関係

『真実ゲーム』韓国映画

ちょっと久しぶりの韓国映画でした。アン・ソンギが検事役で出ていました。アイドルをそのファンクラブの会長をしていた成績優秀な女子高生が殺してしまい、彼女が本当に殺したか否かを調べながら「真実」を取引するのですが・・・。最後にどんでん返しがあるのですが、なぜかそのどんでん返しが見え見えで、どんでん返しになっていない。同じような構成をもった映画を、以前にも見た記憶があるのですが、思い出せませんでした。
d0004574_5242892.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-05-03 04:53 | エンドレスな日常