暑かった六月初日

テレビでは貴乃花のお通夜関係のニュース。電車で前に座った人が広げたスポーツ新聞も同じニュース。一時代を作った貴乃花の業績をたたえるものから、晩年の淋しいげな様子を伝えるものまでいろいろでした。1963生まれの私にとって、相撲というと横綱輪島が記憶の最初に出てくる。そして、千代の富士、曙、若貴、武蔵丸、そして現在の朝青龍という感じだが、何か相撲をめぐるイメージ・位置づけのようなものが他の運動競技とくらべて落ち着かない。スポーツでありながらショービジネス化しきれないところ。変に伝統を背負ったところ。天皇が毎年定期的に観戦するスポーツというのも相撲ぐらいなのだろうか。貴乃花親子と長島親子、野村親子親子とスポーツ・・・・ニュースをみていて、こんなにいろいろなことを考えさせるお通夜の風景もはじめてだ。

 今日は、午前中のお仕事はなし。午後から二コマこなして帰宅。子供を風呂に入れて、夕飯食べさせて、洗濯ものたたんで、布団敷いて、これから寝かせます。いつもの水曜日でした。
[PR]

by the-third-blog | 2005-06-01 22:05 | 仕事関係

片道三時間の通勤の中で

木曜日はいつもの中央線の遠出です。朝、銀行で入金してから行こうとおもったら、ATMが不調で札が正しく入金されず、結局はタイムアウトで通帳を預ける羽目に。急いで駅に走り、電車に乗ったら、またまた人身事故・・・・。最近、一週間に数回人身事故のため・・・・というアナウスを聞いているような気がします。二つのアクシデントがありましたが、なんとか目的地まで定刻につくことができました。毎日、毎週時計のように同じ道を循環しているような感じですが、「同じ」ではないはずです。が、マンネリ化したて「同じはずでないものが同じようにみえてしまう」のはなぜなのでしょうか。以前、哲学者の竹田青嗣さんの本で「毎日聞いていた大好きな曲が突然違う曲に聞こえて・・・」というような内容のことが書かれていたのを思い出しましたが、未だに答がみえてきません。
 そんなことを思いつつ、撮った車窓からの写真です。
d0004574_22472399.jpg

d0004574_2248059.jpg

d0004574_22482183.jpg


More
[PR]

by the-third-blog | 2005-05-26 22:48 | 仕事関係

人のふり見て・・・

マイブログへの訪問者が増えないことを気にしまいとおもいつつつ、そうすることもできない私です。当初一ヶ月目は一日平均が10人あったのが、7→6→5と急降下中。まあ、ゼロにならないだけいいかと開き直りたいのですが。そう考えながら他の人のブログをみていてなんとなく、分かったような気になりました。ブログを旅していて、「ああこれはちょっと、こんなこと書いても・・・」とおもうものにはやはりコメントも少なく、「おもいろいなぁ、この書き方はうまい」と感心するものには、コメントもそれなりに。必ずしも、そうなるわけでないのもありますが、やはり伝え方のうまくい下手は確実にあるような気がしています。ただ、それを自分のブログにどう反映させたらいいのか・・・内容と表現方法・・・・どうもうまく行きません。そして、こんな文章を読んで、他の人がまた見に来ようとは思わないなぁ・・・とため息一つ。

 今日は、トムハンクスの『ターミナル』を見ました。夜これから、『僕の彼女を紹介します』を見る予定であります。写真は昨日の上野での一コマ。二等兵が保育園の友達と何か話しているところです。
d0004574_21244076.jpg

[PR]

by the-third-blog | 2005-05-04 21:27 | 仕事関係

name、イルム、なまえ、名前、韓国語読み本名、日本語読み本名、通名

先日ちょっとしたブログの旅をしていました。在日コリアンの方で名前をめぐる話に書き込みがたくさん。そもそもは、息子さんに自転車を買ってあげた際に防犯登録で、名前をいうときの出来事が発端。四世の息子さんを本名で子育てされていたことは知っていたので、特にその記事自体については読み流していたら、その記事へのコメントで「これ何」と立ち止まりました。在日コリアンを対象としたドキュメンタリーなどでよく「本名宣言」とされる場面があるので、ちょっとした知識はあるつもりでしたが、あまりに過剰で過敏なコメントに唖然としてしまいました。ブログの管理人の方も少々困惑されていた様子。その過剰で過敏なコメントの内容には深入りしませんが、個人的なものだけなのかどうか・・・。嫌韓・反韓だけでどこまで説明できるのか・・・・。そんなことを考えていたら、韓国留学中の人のブログの中に「日本人謝絶」の貼り紙の写真を目にしました。両者に共通点がありましたという報告ではないのですが、マジョリティがマジョリティの「当たり前」を疑い始め、自省する、他者の視点なり意見に対して対話が可能になるというのは、どのようなときになのか考えてしまいましたが、やはりまだ文字にできません。
[PR]

by the-third-blog | 2005-05-03 05:18 | 仕事関係